英語ならお好み焼きもパンケーキ 

リコッタパンケーキ

billsのリコッタパンケーキ

最近は日本でもパンケーキブーム。世界一の朝食と謳われるオーストラリアの有名店「bills」(ビルズ)やハワイの人気店「Eggs’n Things」(エッグスンシングス)などが日本にも進出し、すっかりポピュラーになりました。

パンケーキのパンとは英語で“平鍋”のこと。つまりパンケーキは、フライパンなどで焼いたケーキという意味です。ブレッド(bread)のパンではないですよ。小麦粉や卵、牛乳などで作った生地をバターで平たく焼くのが基本のレシピですが、形や味のバリエーションは多彩。呼び方も国によって異なり、たとえばオランダなら「パナクック」だし、スウェーデンなら「パンカーコー」。ニュージーランドやオーストラリアではひとくちサイズのパンケーキ「パイクレット」がおなじみです。

 

ガレット

クレープはブルターニュ地方の名物そば粉のガレットに由来

また、ベーシックなパンケーキのほかにも、英語にすると“パンケーキ”になってしまう料理も少なくありません。たとえばジャパニーズパンケーキといえば“お好み焼き”(またはどら焼き)だし、「クレープ」だって薄く焼いたフランス風パンケーキと説明することもできます。そこで今回は英語にすると「パンケーキ」になってしまう、世界各地の料理をいろいろ集めてみました。

ちなみにイギリスをはじめとする英語圏では、カーニバル(謝肉祭)の最終日、シュローブ・チューズデー(告解火曜日)をパンケーキデーと呼び、パンケーキを食べる習慣があります。その後のレント(四旬節 ※イースター前の40日間)には肉や卵、バターなどを控えるので、それらを使いきるのが元々の目的だったよう。イギリスのパンケーキはクレープのように薄く、レモンと砂糖をかけるのが定番です。

 

<INDEX>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。