トータル的に費用がかかるのは、分譲VS賃貸、どっち? 

定年後収入がなくなったとき、賃貸であれば家賃を払い続けなければならないが、持ち家であればその必要はないといいます。でも、高齢化の時代です。90歳まで生きる可能性があるわけですから、35歳でマンションを買ったとしても築40年時は75歳、あと15年はこのマンションで暮らすことになります。そこで建て替えとなり、2000万円程度の費用を別途捻出しなければなりません。

このようなことを考え合わせると、いかに家賃並みの返済であっても、買うよりは借りる方が、キャッシュフローベースで考えると、支出が明らかに少ないことがわかります。

このような事実を基に、したい暮らしからどんどん遠ざかる妥協を強いられ、しかも経済的に背伸びしないと買えないというのであれば、買うことに固執することはまったくないと考えます。

私自身、十数回の住み替えを経験しましたが、購入はそのうちわずか3回でした。無理はしないで、したい暮らしを追求したら、結果として借りることを選ぶことが多かったわけです。


【関連記事】
気に入った物件が予算オーバー!その対処法1
気に入った物件が予算オーバー!その対処法2
気に入った物件が予算オーバー!その対処法3
気に入った物件が予算オーバー!その対処法4
気に入った物件が予算オーバー!その対処法5
気に入った物件が予算オーバー!その対処法6
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。