切り餅で作る、ゴパンならぬ、モパン

所要時間:20分

カテゴリー:パン・ピザもちパン

 

オーブントースターで作る、お餅パン「MOPAN」

お米からパンが作れるというライスブレッドクッカーGOPAN(ゴパン)が大人気で、なかなか手に入らないそうです。今日は、そのもっちりしているという噂のゴパンに対抗して更にもっちもちになりそうな予感がする、「お餅」を使ったパンを作ってみました。発酵要らずのBP生地です。焼き立ては外側がカリッとしていて中がしっとりモチモチしています。例えばあん入りモパンは、ふっくらとした焼き大福といった感じです。冷めると全体的にしっとりもっちりしてきます。オーブントースターを使いますが、グリルでも焼けるはずです。

MOPAN(モパン)の材料(2人分

生地
切り餅2個 (90g)
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
スキムミルク 大さじ1
大さじ1
砂糖 小さじ1
小さじ1/4
大さじ5
マーガリン 小さじ1
フィリング
大さじ3
ソーセージ 1本
カレー粉 少々
その他
溶き卵少々
薄力粉 打ち粉用少々

MOPAN(モパン)の作り方・手順

モパンを作る

1:粉類を混ぜる

粉類を混ぜる
ボウルに小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩、ミルクを入れ、泡だて器でグルグル混ぜておく。
ミルクはコーヒー用の粉ミルクでよい

2:耐熱容器に餅と水を入れてレンジでチン

耐熱容器に餅と水を入れてレンジでチン
大きめの耐熱容器に、3~4つに切った餅と水大さじ3を入れ、ラップをふんわりかけ、電子レンジ(600W)で1分加熱して取り出し、スプーンでグルグル混ぜる。
餅が硬いようであれば更に10~30秒加熱する

3:水を足して練り混ぜ、とろとろになったらマーガリンを混ぜる

水を足して練り混ぜ、とろとろになったらマーガリンを混ぜる
均一に混ざったら、水か湯を大さじ2加え、更に混ぜてとろとろにする。熱いうちにマーガリンを混ぜる。
最初はゴトゴトしてた餅が、混ぜるうちにとろとろになってくる

4:粉の真ん中に餅と卵を入れる

粉の真ん中に餅と卵を入れる
粉の真ん中に餅を流し入れ、溶き卵を入れる。
卵を入れてさっくり感をだす

5:手で混ぜる

手で混ぜる
餅に粉を取り込むような気持ちで混ぜる。
※あわてずに、餅にゆっくり粉を取り込んでいくと全て混ざるはず。どうしても粉が残るようであれば小さじ1杯ほどの水を足す。
こねすぎないこと

6:モパン生地が完成

モパン生地が完成
ふわふわのモパン生地の出来上がり。

7:生地を4分割する

生地を4分割する
打ち粉をふって、4つに分けてやさしく丸める。

8:2個にあんを包む

2個にあんを包む
生地2個にあんを包む。

9:あとの2個にはソーセージを巻く

あとの2個にはソーセージを巻く
残りの生地2個を楕円形に伸ばし、カレー粉をつけ、半分に切ったソーセージをのせてクルクル巻く。

10:卵をぬってトースターで焼く

卵をぬってトースターで焼く
オーブントースターの天板にクッキングペーパーか、薄く油を塗ったアルミホイルを敷き、パンを並べる。刷毛で水で伸ばした卵黄をぬってトースターに入れて13~14分焼く。
「卵黄1:水1」の割合。卵黄そのままでも、全卵の溶き卵でもよいが、オーブントースターだと焦げ色が付き過ぎる

11:途中、焦げそうになれば、アルミホイルをかける

途中、焦げそうになれば、アルミホイルをかける
途中で焦げそうになればアルミホイルをかける。

12:完成

完成
時間が経って硬くなったときは、電子レンジで数秒加熱するか、トースターで焼くとよい。

13:断面

断面
手でちぎるとこんな感じ。

14:応用

応用
バターロールのように焼いてもよい。
小さめなので焼き時間は10分ほど

ガイドのワンポイントアドバイス

使用する餅によって(100%餅米使用か、米粉や澱粉が混ざってる餅か)、手順2~3での餅が柔らかくなる時間や水加減が違ってくると思います。どちらにしても、水量や加熱時間を微調整して、とろとろの餅にしてください。今日作ったモパンは、どちらかというと餅が勝ってる、餅寄りのパンです。餅を半量にすればパン寄りのモパンになります。卵は入れなくてもできます。スキムミルクがなければ、水の代わりに牛乳大さじ2で餅を柔らかくして、水か湯を足します。余ったお餅があった時にでも、遊び心で作ってみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。