正月

おせちのカロリーも、要チェック!

正月太りに関するいくつかの調査を見ていると、12月~1月の年末年始にかけた1ヶ月間で、1kg以上太ってしまうという人は、50~70%もいると言われています。

たった1kg増であっても、後で痩せるのはけっこう大変です! 12月初旬からお正月にかけて太ってしまうポイントと、それを防止するための10か条を、早速ご紹介していきます。


1.  忙しい日々に要注意
「食べること」を自分へのご褒美にはしない!

とにかく12月は何かと忙しい日が続くもの。仕事などが忙しいことが、12月からじわじわと始まる年末年始太りの原因になってしまうんです。

普段は自宅で夕食を食べていたのに、残業で帰りが遅くなったりすると、ついつい間食したり外食を繰り返したり、深夜にたくさん食べてしまったり。また、忙しさのストレスから甘いものに手を伸ばしたり……と、忙しい日々には太る要素がいっぱい。忙しさのご褒美は食べることばかりにつなげないよう、工夫したいですね。



2. 頂き物のお菓子に要注意
1日に食べて良いお菓子は1個まで!

12月から1月は、お歳暮やクリスマスのお菓子、お年賀の和菓子など、普段よりもお菓子を食べる機会が多くなると考えられます。たくさんいただいた場合は身近な人におすそ分けしましょう。ダイエット中は1日に食べて良いお菓子は1個まで。それは年末年始であっても変えないルールとして気持ちを引き締めないと、ついつい手が伸びて食べてしまうはめに。後で後悔しないよう、いつも以上に注意したいですね。