シチュエーション別の正しいおじぎ

あなたのその「おじぎ」、自己流になっていませんか?
仕事上で最も頻繁に行う動作が「おじぎ」です。おじぎには、頭の位置が低いほど丁寧さを表す「会釈」、「敬礼」、「最敬礼」の3つがあり、相手やシチュエーションによって使い分けます。

3つのおじぎ共通の動作は……
  • まずは、きちんとまっすぐに立つ。
  • 背筋を伸ばし、両手を前に合わせる。
  • 相手の目を見てあいさつをし、目線を下げてゆっくりと上体を倒す。
  • 一呼吸おいたら、ゆっくりと上体を起こして相手の目を見る。

    以上をふまえて敬意や感謝、謝罪の気持ちを込めた、しなやかなおじぎが出来るよう心掛けましょう。

    軽いおじぎ 「会釈」
    傾き30度の「敬礼」。どのおじぎも猫背や首だけを動かしたりしないよう注意を。
    上体を15度ほど軽く曲げ、目線は足元から1.5メートルくらい先を見ます。社内での日常のあいさつや会議室・応接室に入るとき、来客にお茶を出すときにも使います。

    一般的なおじぎ 「敬礼」
    上体を30度ほど倒し、目線は足元から50~60センチ先に。来客や上司へのあいさつ、取引先を訪問したとき、出社・退社のときなどにも使う一般的なあいさつです。

    最も丁寧なおじぎ 「最敬礼」
    上体を45度ほど倒して目線はつま先へ。感謝や謝罪の気持ちを表すときや大切な来客の送迎にも使用します。

    最近「品格」という言葉をよく耳にしますが、ビジネスシーンにおける姿勢や動作、あいさつが、きちんと出来るかどうかは、まさに「品格」が問われます。日々美しい立ち居振る舞いを心掛け、身につけていくことであなたのキャリアを引き立てることが出来るのです。

    【関連記事】
    来客時の応対、自信ありますか?
    ビジネスシーンでの、あなたの「オンナ度」   (All About マナー・立ち居振る舞い)

    【関連INDEX】
    服装・身だしなみ
    接客対応時のマナー


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。