六甲エリア
神戸・三宮と大阪の間に位置する六甲。海と山に囲まれた阪神間に位置します。
六甲山のふもとにひろがる「六甲エリア」は、
  • 神戸大学をはじめ、多数の大学や学園が点在する学生の街。
  • 山麓に広がる閑静な住宅街。
  • 神戸「東の副都心」として再開発されたエリア。
といったイメージがあります。そんな魅力的な街、「六甲」を詳しく紹介していきましょう。


三宮まで4分、大阪へも乗り換えなしで21分の好アクセスエリア

六甲路線図
大阪へ21分、神戸三宮へ4分とJR神戸線、六甲道駅からは特に便利。

六甲には、阪急神戸線「六甲駅」とJR神戸線「六甲道駅」の2つの駅が利用出来ます。2つの駅は、商店街をまたいで徒歩で10分程度の距離です。

さらに、JR神戸線「六甲道駅」から南に、5分ほど歩くと、阪神電鉄本線「新在家駅」があります。この駅周辺には、工場跡を利用した大きなインテリアショップやなどがある地域です。

大阪や神戸・三宮へのアクセスは、快速電車が停車する、JR神戸線「六甲道駅」を利用するのが便利です。三宮まで4分、大阪まで21分、新大阪まで25分とアクセスも抜群。また芦屋駅で新快速電車に乗り換えると、京都まで、52分で着きます。

阪神間エリアとのアクセスでは、阪急神戸線「六甲駅」が便利。阪急神戸線沿線には、甲南大学がある「岡本駅」やお洒落なセレクトショップなどが並ぶ「御影駅」や「夙川駅」などがあります。また、「西宮北口駅」からは、宝塚方面へ乗り換えができ、その沿線には、関西学院大学や神戸女学院大学などがある文教地区です。


阪急六甲駅前は、学生街と高級住宅街を兼ね備えた街

阪急六甲駅前
阪急神戸線 六甲駅。駅には、バスロータリーの他、ミニスーパーや飲食店などがある。
阪急六甲駅周辺には、神戸大学、神戸松蔭女子学院大学をはじめ、六甲学院、親和学園などの私立中・高校があり、学生で賑わう街です。駅前には、六甲ケーブル駅(ケーブルで六甲山頂まで運行)や神戸大学、山手の住宅地に向かう神戸市営バスのバス停があります。

駅の北側を見てみましょう。東京などにも出店している「ケーニヒスクローネ」などの美味しいケーキ屋さんや学生が集うお洒落なカフェ、銀行などがあります。また、こだわった食材が買えるスーパー「阪急オアシス」や、いかりスーパーのコンビニ版「アンカーレット」などがあり、日常の生活も困りません。学生街でもあり神戸の山手の上品さも漂う街並みです。

駅の南側には、厄除けで有名な「六甲八幡神社」があります。駅のホームからも、神社の広大な敷地とその木の緑が見ることができ、街中のオアシスといった感も。また、少し足を伸ばすと、「山手幹線」道路沿いなどには、全国的に有名な「ハイジ本店」や人気急上昇の「アマンディーヌ」などのケーキ屋さん、パン屋さんが目白押しで、近隣でも注目のエリアです。

また、「六甲八幡神社」沿いに南に行くと、「六甲本通り商店街」が見えてきます。ここは、昔ながらの商店街で、焼き鳥、てんぷら、コロッケなど、店頭で作りながら販売する店も多く、空腹を誘う香りが充満しています。この商店街を抜けると、JR神戸線の六甲道駅が見えてきます。

次のページでは、JR六甲道駅周辺を紹介しましょう!