秋の憂うつな気分はアロマの力で解消!

秋は心地良い反面、寂寥感も感じます

秋は体には心地が良い気候。でも心が繊細になることもあるシーズン

秋になると日照時間も短くなり、環境の変化に敏感な人は気分がやや落ち込みがちになることがあります。そんなときは「香り」の力を借りましょう。

「香り」は大脳へダイレクトに刺激を与えるもの。自分が好ましい香りを使って気分が良くなったり、ほっとリラックスしたり、呼吸が深くなったりした経験はあるでしょう。

アロマテラピーで使う精油(アロマオイル)にはいろいろな特性がありますが、気分を引き上げる香りというのがあります。気力を刺激したり、落ち込み感情を軽減したりという働きをするので、その香りを上手に使えば、気分がラクになるでしょう。

また落ち込んでいると呼吸が浅くなったり、睡眠などに悪影響が出ることがあります。体の調子は心の感情とリンクしますね。体の調子も整えながら気分もラクに! この同時進行がアロマテラピーの良いところといえます。

ただし、毎日の仕事や人間関係に大きな影響を与えるほど落ち込みがひどい場合は躊躇せず病院での診断を仰いでください。アロマテラピーは医療ではありません。アロマテラピーだけに偏ることなく、上手に精油を使って毎日を快適に過ごすサポートにしてください。

次ページでは、「プチうつ気分にオススメのアロマオイル」を紹介します。