かゆみを伴う小さな赤いブツブツができるあせも。乳幼児によくみられますが、汗をたくさんかくこれからの季節は大人でも油断はできません。掻き壊して化膿したりすると治りにくくなることもあるので、ほかの湿疹・皮膚炎と同じように早期に適切な治療を行うことが大切です。今回は、あせもの原因、症状、治療法と予防法についてお伝えします。

あせもができるのはなぜ?

あせもができやすい場所は、頭、額、首、肘の内側、脚の付け根やお尻、膝の裏側など汗が乾きにくい部分

あせもができやすい場所は、頭、額、首、肘の内側、脚の付け根やお尻、膝の裏側など汗が乾きにくい部分

あせもができるのは、大量に汗をかいたときに、汗が皮膚の中にたまってしまうことが原因です。汗は、汗管(かんかん)という管状の腺から分泌される体液です。汗腺があるのは皮膚の真皮の奥深く。そこから汗管という汗の通路が伸び、体の表面のある汗孔と呼ばれる出口に通じています。

たまった汗は、皮膚の下にある汗管の周りの組織に漏れ出し、水ぶくれが生じたり、炎症を起こして、かゆみを伴う赤いブツブツができたりします。そのためあせもは「汗疹(かんしん)」と呼ばれます。

あせもができやすい場所は、頭、額、首、肘の内側、脚の付け根やお尻、膝の裏側など汗が乾きにくい部分。乳幼児の場合はおむつでおおわれている部分も、要注意ゾーンです。

暑くて汗をかきやすい夏場以外でも、汗をかけばあせもができる可能性はあります。たとえば、高温多湿な環境で運動したときや、風邪のために熱が出たときなどです。湿布、包帯、ギプス、絆創膏、通気性の低い衣類の着用なども、汗管がつまりやすくなるためあせもができやすくなります。

また、一般的に大人よりも乳幼児にあせもができやすいのには理由があります。実は汗腺の数というのは大人も乳幼児もほぼ同じ。つまり、乳幼児の場合は小さな面積に汗腺が密集しているため汗をたくさんかくのです。乳幼児は、汗を拭いたり、汗をかいたら着替えたりするなど、自分でスキンケアをすることができません。そのためお母さんがきめ細かくみてあげることがとても大切になるのです。

あせもは3種類あることを知っている?

ふつう、あせもというと小さな赤いブツブツができてかゆみを伴うものをイメージしますね。これは専門用語で紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれるあせもです。

日常よく見られるあせもにはもう1種類、水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と呼ばれるものがあり、こちらは赤みやかゆみを伴いません。皮膚の表面に、1~3mmほどの透明あるいは白っぽい水ぶくれができるだけです。水晶様汗疹は紅色汗疹よりも浅い部分、つまり皮膚の表面に近いところに汗がたまるため、症状が軽く、自覚症状が少ないので気づかないこともめずらしくありません。

もう1つ、深在性(しんざいせい)汗疹という皮膚の深い部分で起こる白っぽく扁平な丘疹もありますが、亜熱帯などに多く日本ではあまり見られません。後述しますが、炎症のある紅色汗疹と、炎症のない水晶様汗疹では、治療の方法が異なります。

>>あせもの治療と予防はどのようにすればよいのでしょう?

※上記の内容は、執筆者または編集部が特定のサービス・商品などを保証するものではございません。