形成外科医 / 皮膚・爪・髪の病気 ガイド 井上 義治

いのうえ よしはる

慶應義塾大学卒業後、形成外科、一般消化器外科、乳腺外科、頭頚部外科、整形外科の研修を経て、現在、横浜いずみ台病院勤務。総合診療に従事しております。
2013.8.25 読売新聞「からだの質問箱」で巻き爪について執筆しました。
215.3.10 公明新聞で「ロコモティブシンドローム」を執筆しました。

得意分野

形成外科、整形外科、消化器外科、乳腺外科などを得意としていました。今年からは高齢社会に向けての医療が必要とされる分野である総合診療に転職しました。

ガイドからのお知らせ

  • 「All About 皮膚・爪・髪の病気」サイト、OPENしました。
  • 「All About 骨・筋肉・関節の病気」サイトを担当となりました。

活動実績

執筆ガイド記事本数114
メディア掲載実績1
執筆書籍数4

ガイドからの挨拶

形成外科を専門として20年以上診療を行ってきました。現在横浜市の病院に勤務して、総合診療を担当しております。患者様の要望を十分聞き、一人一人に合わせた診療を行っています。複数の慢性疾患を持つ方、悪性腫瘍を合併している方などを総合的に診療しております。循環器系、呼吸器系、泌尿器系(透析医療)などの全身管理が必要な医療です。時として、中心静脈栄養、気管切開カニューレ、胃瘻などの外科的な処置が必要となる場面も多いです。このサイトでもできるだけわかりやすい説明をできればと考えております。

メディア掲載実績

雑誌THE 21
特別企画 なかなか聞けない「正しい毛髪ケア」
2017年06月10日

ガイドの新着記事

  • 胸郭出口症候群の症状・原因・治療・手術・リハビリ

    胸郭出口症候群の症状・原因・治療・手術・リハビリ

    【形成外科医が解説】胸郭出口症候群は上肢の痛み、しびれ、胸部痛を症状とする病態です。原因として頚肋、鎖骨と肋骨による神経、血管の圧迫、交通事故、スポーツなどがあります。治療は安静、薬の内服ですが、症状が改善しない場合、手術・入院を考慮します。狭窄をうける部位で手術は異なりますが、第1肋骨切除などの手術が代表的なものです。また、リハビリが必要な場合もあります。

    掲載日:2019年10月15日骨・筋肉・関節の病気
  • 基節骨骨折・末節骨骨折などの指骨骨折の症状・治療法

    基節骨骨折・末節骨骨折などの指骨骨折の症状・治療法

    【形成外科医が解説】「基節骨骨折」「末節骨骨折」などに分けられる「指骨骨折」。指の末節骨、中節骨、基節骨に、事故や運動、日常生活の中で直接もしくは間接的に外力が働くことで発生します。X線で診断でき、保存治療か手術治療で治療を行います。早期に手の外科専門医を受診してください。

    掲載日:2019年10月15日骨・筋肉・関節の病気