脛骨近位端骨折(けいこつきんいたんこっせつ)とは

下腿には脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)という二つの骨があります。太くて内側に位置する骨が脛骨です。脛骨の膝関節面に位置する部分の骨折が脛骨近位端骨折(けいこつきんいたんこっせつ)です。
脛骨近位端骨折

下腿の太い骨が脛骨です。膝関節に位置する部分が脛骨遠位端

 

脛骨近位端骨折が多い年齢・性差

運動、事故などに伴い発生する骨折ですので、あらゆる年齢層に発生します。一般の人にも発生しますし、スポーツ選手などでもみられます。男性に多い骨折ですが、女性にも発生します。
 

脛骨近位端骨折の症状

骨折部位の腫脹、疼痛、膝関節の可動域の低下などがみられます。下腿の形が変形することもあります。骨折した部位に加重ができませんので歩行が難しくなります。
 

脛骨近位端骨折の診断

■単純X線
単純X線写真は放射線被爆量も少なく、費用もわずか。その場で撮影も終了し当日説明を受けられるので、整形外科では必ず施行します。
 
X線像。

膝関節正面X線像。脛骨に骨折を認めます。

■CT
単純X線で診断が難しい場合でもCTであれば診断可能です。
 
CT像。

下腿単純CT像。脛骨骨折の診断が容易です。


CTではコンピューターの計算で骨の3次元画像を得られ、立体をわかりやすく把握できます。
3DCT

脛骨3DCT像。骨折を立体的に把握できます。

 

脛骨近位端骨折の治療法

【保存的治療】
転位の少ない脛骨近位端骨折の治療では、保存療法といってギプス固定などで治癒することが可能です。2ヶ月間は歩行での荷重はできません。

■鎮痛薬
ボルタレン、ロキソニンなど非ステロイド消炎鎮痛薬(NSAIDと省略されます)を用います。
  • ボルタレン……1錠15.3円で1日3回食後に服用。副作用は胃部不快感、浮腫、発疹、ショック、消化管潰瘍、再生不良性貧血、皮膚粘膜 眼症候群、急性 腎不全、ネフローゼ、重症喘息発作(アスピリン喘息)、間質性肺炎、うっ血性心不全、心筋梗塞、無菌性髄膜炎、肝障害、ライ症候群など重症な脳障害、横紋 筋融解症、脳血管障害胃炎。
  • ロキソニン……1錠22.3円で1日3回食後に服用。副作用はボルタレンと同様です。
どちらの薬でも胃潰瘍を合併することがありますので、胃薬、抗潰瘍薬などと一緒に処方されます。

【手術】
転位の大きい骨折、関節にかかった骨折などでは手術を選択します。
 
固定

金属製のネジと板で骨折を固定しました。


上記の図では、手術で金属のネジと板で骨片の固定を行いました。

■抜釘術
術後に骨折が治癒した後に固定具を除去します。抜釘術(ばっていじゅつ)と呼ばれます。
 

脛骨近位端骨折の予後

脛骨近位端骨折は頻度の高い骨折で、早期の診断治療が大切な骨折です。骨折の部位程度などにより治療後の予後は変わってきます。早期に整形外科専門医を受診することをお勧めします。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項