高脂血症 → 脳卒中、心筋梗塞などに

高脂血症は、悪玉コレステロール(LDL) や中性脂肪が高い状態を指します。悪玉コレステロールは脂身の多い肉、マーガリン、バター、クリーム、アイスクリーム、洋菓子、菓子パンなどを減らし、魚、野菜、豆類などを増やすことで改善が期待できます。中性脂肪は、お酒、甘いお菓子、清涼飲料、食べすぎを減らし、運動量を増やすことで改善が期待できます。

参考サイト:
血管が詰まっている人の食事法 
 

高血圧 → 腎臓病や脳卒中などに

 高血圧は、脳卒中や腎臓病になるリスクを上げます。これらの病気になると後遺症が残ったり、継続的な治療が必要になる場合があります。日本高血圧学会の新しい高血圧治療ガイドライン2009によると、減塩、野菜・果物・魚の積極的な摂取、コレステロールや飽和脂肪酸を控えることなどが掲げられています。また、運動、節酒、喫煙、ストレス管理など、総合的な生活習慣改善を勧めています。

参考サイト:
約50%の人が高血圧!高血圧はなぜ怖い
 

まとめのポイント

  • カルシウムとビタミンDは食事・サプリ・日光浴からしっかりゲット
  • 野菜、果物、魚、豆類、海藻類、雑穀類、イモ類は十分に食べよう
  • 運動習慣を身につけよう
  • 甘いもの、お酒、塩辛いもの、脂肪の多いものはほどほどに



1日の目安1000IUを1粒で摂取できるものも。
ビタミンDを含む主な市販サプリメントは
コチラから。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項