妊娠中には一体何を食べればよいのか…。安全な食事をしたい…。
妊婦さんにとって健康的な食生活をするのは大切なことです。体重ばかりに気を取られて体重が十分に増えなかったり、栄養バランスが悪くなってしまっては意味がありません。体重管理に厳しい病院も減ってきているようです。体重より栄養に注意を払うようにしましょう!また体重だけではなく、水銀やカフェインなど妊婦さんが気になるトピックは多くあると思います。今回は、最新の情報をまとめてお伝えします。

今回ご紹介するトピックは、
■カロリーを控えるのは厳禁
■目標体重
■食事の目標は後期では+500カロリー
■妊婦に特有の病気は体重とは実は関係ない?!
■カルシウムはしっかり摂取
■足がつる
■水銀の問題
■アルコール
■カフェイン
■葉酸は妊娠前から取ろう
■十分な水分摂取が大切
■フラフラする前から鉄摂取
です。

カロリーを控えるのは厳禁

妊娠中には絶対にダイエットを試みないようにしましょう。ダイエットをすることで、赤ちゃんの成長に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラルまで制限してしまう可能性があります。また、低カロリーの食事を続けると、妊婦の脂肪がエネルギーとして使われます。脂肪がエネルギーとして使われると、キトンという物質が作られます。キトンが常に作られると、赤ちゃんの知的ダメージにつながります。


目標体重

厚生労働省によると
(低体重?痩せ):BMI18.5未満は9~12キロ
(ふつう):BMI18.5以上25未満は7~12キロ
*BMIが痩せに近い場合は12キロに近い範囲で、肥満に違い場合は7キロに近い範囲を推奨
(肥満):BMI25以上 個別対応、おおよそ5キロを目安
が目標体重です。

痩せ・普通の体型で12キロ未満の体重増加で注意された人は、厚生労働省のウェブサイトを見るように勧めましょう!ただし、一週間につき500g以上体重が増えている場合は、カロリーによるものではなく、浮腫がみられる場合があるので医師と相談しましょう。