みなさんは健康診断を1年に1度受けていますか? 健康診断で一番引っかかりやすい項目の1つが中性脂肪だと思います。中性脂肪が高いと分かった人は、どのようなアドバイスを病院で受けましたか?

これまでに、患者さんが「あまり脂っこいものは食べてないのに中性脂肪が高いと言われた」とか、医療従事者が「中性脂肪が高いから揚げ物などは控えてください」と言っているのを実際に耳にしたことがあります。では、中性脂肪が高くなる一番の理由は、本当に脂肪の摂取量にあるのでしょうか?

中性脂肪が高くなる原因

この脂が中性脂肪の原因?

この脂が中性脂肪の原因?

血中の中性脂肪は遺伝で高くなることもありますし、肥満、未診断の糖尿病、きちんと管理されていない糖尿病に関連していることもあります。しかし、なんと言っても一番影響が強いのは食事です。精製された炭水化物とアルコールが中性脂肪に影響を与える主な要因です。

とくに精製された炭水化物である、白パン、白米、麺類、菓子パン、クッキー、ケーキ、清涼飲料、炭酸飲料、お菓子やアルコールの過剰摂取に要注意です。これらの精製された炭水化物は、インスリンの急激な上昇を招き、これを繰り返すとインスリンを作るすい臓に負担が掛かります。インスリンはホルモンであり、炭水化物の消化に欠かせませんが、炭水化物の過剰摂取によりその働きに不具合が生じます。そして上手く使われない余分な炭水化物は、様々な代謝回路を経由して脂肪酸やグリセロールとなり、中性脂肪の材料となってしまいます。

一般的に中性脂肪が高い場合は、善玉コレステロールも低めのことが多く、内臓脂肪がたまりやすい体質になります。中性脂肪が高く、善玉コレステロールが低いときは、インスリン抵抗性や糖尿病を疑ってみるとよいと思います。

中性脂肪が高い人はどう対策すればいい?

中性脂肪が高いと指摘されると、脂肪の摂取量を減らす人が多いですが、これは本当にベストな方法でしょうか? 確かに毎日の食事で、バターや肉の脂身に多く含まれる飽和脂肪酸やマーガリンに含まれるトランス脂肪酸を減らすことは健康に大切なことです。しかし、覚えておきたいのは、中性脂肪上げる一番の理由は、脂質そのものではなく精製された炭水化物、アルコール、カロリーの過剰摂取です。

中性脂肪が高いと「揚げ物や脂っこいものを減らしてください」とだけ言い、炭水化物やアルコールの話に触れない医療従事者もいますが、これはベストなアドバイスではありません。確かにトランス脂肪酸や飽和脂肪酸を減らすことは健康に大切ですし、カロリーを抑えやすくなるので悪いアドバイスではないですが、中性脂肪の話をする時には、脂質自体が中性脂肪の値を影響するような説明では不十分だと思います。

中性脂肪を改善するためには、まず最初に精製された炭水化物の摂取量を見直してみましょう。さらに、中性脂肪を改善する役割のあるオメガ3脂肪酸を摂取しましょう。オメガ3脂肪酸は青魚、くるみ、フラックスシードなどに含まれます。コレステロール値の改善のために、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を控えて、これに運動と体重管理を加えれば、全体的な健康管理につながります。野菜や果物、雑穀パンや雑穀米、豆類も忘れないで下さいね!

中性脂肪を減らす方法

実際の行動を例にまとめると、シンプルで基本的ですが以下のような方法がオススメです。
  • ジュースや炭酸飲料を減らそう
  • お菓子、スナック菓子、菓子パンなどを減らそう
  • 生成された炭水化物(白米、麺、白パン)などは食べすぎないように
  • アルコールはほどほどに
  • 肉よりも魚を選ぼう
  • カロリーオーバーに気をつけて

■関連記事
「中性脂肪、健康とされる基準値の見直し…その上で気をつけるべきこと」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。