水の役割

「水」も栄養のお話から無縁ではありません
5大栄養素に加えて、もう一つ体に不可欠な栄養素が水です。

水というと、カロリーも栄養もないもののように思う人が多いかもしれませんが、栄養を語る上で水は欠かせません。

人間の体の約2/3は水分です。水は栄養を体中に送り、体に不要なものを排出する役割があります。ビタミンCやビタミンB群などの水溶性ビタミンを体の中で使うのにも必要ですし、体温のコントロールにも重要な役割を果たします。人間は食事をしなくても数週間は生き延びることが可能ですが、水分がないと数日で命が尽きてしまいます。水分は尿以外にも肌、呼吸などから失われていきます。

喉が渇いたと感じることがあれば、既に体が脱水症状を起こしていることになります。喉の渇きを感じない水の量を摂取することが大切です。まずは、1日にコップ6~8杯の水分を目標にしてみましょう。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項