動物との共存はアトピーを減らす?

ネコは日本とノルウェーで結果が異なる?!
衛生的な環境はアトピーを増やすということは、ペットはアトピーにどんな影響を与えるのでしょうか? 実ははっきりとした答えは出ていません。しかし、様々な研究がなされています。

出生時にイヌを飼育していた家庭では子供の喘息出現率が低いという報告があります。(Remes STらの報告 2001)。子供の頃にペットを飼っている子供は、アレルギーの病気になりにくい。特にネコではなりにくいという報告(Nafstad Pらの報告 2001)もあります。

つまり、ペットが、アレルギーの発症を抑えている、という研究結果も数々あるのです。もちろん、国によって、社会環境・自然環境が異なりますので、一概に日本で当てはまるとも言えませんが、参考にはなりますね。実は、一方、日本では、ネコでアレルギーが増えるという報告がありました(第18回日本アレルギー学会(2005年))。


ペットアレルギー

ペットがアレルギーを起こすことがあります。イヌが近づくだけで、鼻が出て、くしゃみが出て、目がかゆいと言った症状です。その場合、血液検査でイヌ上皮・皮屑の対するIgEの値が高くなります。これが「ペットアレルギー」です。ペットアレルギーの人にとっては、当然ペットはよくありません

自分の体質をよく知った上で、ペットと上手に暮らしていくことが一番いいですね。


豆知識
新興国:いわゆる先進国を除く諸国で、発展途上国、中所得国などと認識されている国。新興国の中で、成長の著しいブラジル(B)、ロシア(R)、インド(I)、中国(C)の合わせて、BRICsと呼んでいる。



<アトピーのウソ?ホント?シリーズ>
【第1回】怪しい民間療法の見分け方
【第2回】漢方薬でアトピーは治るの?
【第3回】水でアトピーが治るの?
【第4回】アトピーでも海や川に行けるの?
【第5回】アトピーでも山に行けるの?
【第6回】アトピーでも運動会も大丈夫!
【第7回】アトピーでもペットは飼えるの?
【第8回】カニ・エビアレルギー
【第9回】アトピーでもスキーは大丈夫?
【第10回】黄砂が飛ぶと、アレルギーが悪化!?
【第11回】予防接種の注意点 特にアトピーでは
【第12回】花火を快適に楽しもう!
【第13回】乾燥・温度差に注意! 飛行機内の過ごし方
【第14回】キレイ好きはNG?衛生環境でアトピー増加

<参考リンク先>

アトピーでもペットは飼えるの?(All About アトピー)

アレルギーがあるからとペットを敬遠しないで! ペットとアレルギー(All About 小さなペット)

ペットを飼えば、アレルギーの予防に。特にネコがよい ?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項