4位:イヤな上司

上司
上司や部下とうまくやっていくのは大変です
出ました! 働く人のストレスの「総本山」ともいえるのが、上司に対して感じるストレスかもしれませんね。

・「郵便を出すくらい自分でして。 出して欲しいなら、封をして切手くらい貼れ」(20代女性・愛知県)

・「『聞いてない!』が口癖の上司。でもメモに書いて渡すと、『そんなものイチイチ見てられるか!』なんですよねー(苦笑)」(20代女性・大阪府)

ところで、「上司へのストレス」に一票を投じた方は、30代までが大多数です。40代以降の方では、「部下への不満」が目立つようになります。

・「すべてにおいて、『人のせい、上司のせい、同僚のせい、家族のせい、会社のせい、社会のせい 国のせい』と、自分を棚において考える部下には、ほんとにストレスを感じ、具合まで悪くなる」(40代女性・東京都)

・「 『どうしてこんな事くらいできないのか』『何ちんたらやってんのよ』『うわー、ちっとは自分で考えろよ』って思い始めたら、もうだめ。口をゆがめて歯軋りしてしまいます。そして、あとで『俺って教え方が下手なんだなあ』と思い、『うつ』の坂を転げ落ち始めるのでした」(40代男性・東京都)

いかがだったでしょうか? 上司と部下、どちらのストレスにも共感できます。

 

3位:夫・妻との関係

夫婦関係のストレスで圧倒的に多かったのが、妻が夫に対して感じているストレスで、9割に上っています。ほとんどが、「家でダラダラしている夫」や「『疲れた』ばかりを言う夫」への不満です。

・「無意識でしょうが、口癖のごとく『疲れた』と言います。そのたびにイライラします」(20代女性・東京都)

・「休日、夫は何~もせずに部屋でゴロゴロ。そのくせしっかり腹は減る(>_<)」(30代女性・東京都)

しかし、こうした不満は、まだ「かわいいもの」かもしれません。夫側からの不満もほとんどありませんでした。40代になると、夫婦ともに辛辣なコメントがありました。

・「外出するとき、玄関まで行きながら『忘れ物した』と取りに戻ることが多い。また、外出先でのトイレが長い! 家で済ませればいいのに。本当にくず!」(40代女性・群馬県)

・「妻が朝起きてくれても、ボーっとして停止状態。そんな状態で起きられても、かえって迷惑」(40代男性・神奈川県)

50代以降の方になると、コメントの内容はさらに深刻になります。

・「夫はすぐに言葉の暴力で怒鳴り散らして、すごく怖い人」(50代女性・三重県)

・「主人はとても無口で、毎日1回口をきくか、きかないかです。たまにでいいので、話しかけたら返事をしてほしいものです」(50代女性・山口県)

夫婦関係のストレスも、長い年月を経るとすごみが増してきます。そして、解決しにくいこともあると思います。そうした場合、気持ちのより所となるもの、気分転換できるものを見つけるもいいかもしれません。

 

2位:人間関係

人間関係
苦手な人とでも、さらりとうまくやっていかなければならないのが人生
人間関係全般で感じるストレスがここに入ります。なかでも、人とのコミュニケーション、適度な付き合い方などへのストレスのコメントが多く寄せられました。

・「仕事中はもちろんですが、あまり自分を表現するのが上手くないので、すごいストレスです。一人になりたくなります」(20代女性・神奈川県)

・「何か話さなければと考えるほど、何も話題が考え付かなくなり、つらい」(30代女性・東京都)

また、「嫌いな人との関わり」に関するストレスも多く寄せられました。

・「私がやることなすことすべてにおいて、いちいち口を出す。そのくせ、上司の前では何事もなかったようにしている。腹黒くて怖い」(20代女性・千葉県)

・「ばったり会ってしまったときは『しかたないかなぁ』とも思うが、事前に会って話さないといけないとなると、かなりのストレスが……」(30代女性・大阪府)

コミュニケーションをとること自体のストレスは、20代、30代が圧倒的で、40代以降はあまり見られませんでした。コミュニケーションへの苦手意識は、若い方ほど多く感じているのかもしれませんね。

最後のページでは、「あなたがストレスを感じるとき・第1位」を発表します。