7位:通勤電車・満員電車

「電車」にまつわるストレスは、都会人のストレスの定番ですね。9位の「モラル」の問題にも関係しますが、車中では、注意したくてもできないことも、ストレスの要因となっているようです。

・「周りを気にせずに電話し、大声で下らん会話をしている。人前での化粧もそうだが、注意すると逆切れするので、手に負えない。親の顔を見てみたいものだ」(50代男性・茨城県)

・「なるべく、乗車マナーの悪い若い人には注意しようと思っていますが、たまに勇気がなくて言えなかったときは、自分にも腹が立ちます」(40代女性・愛知県)

また、パーソナル・スペースを侵される満員電車は、それだけで苦痛ですよね。

・「満員電車で、汗ダクの人にくっついてしまったとき」(30代女性・東京都)

・「知らない人との密着。揺れる度に押してくる隣りの人。仕方ないと思いつつ、やっぱりイライラしてしまいます」(20代女性・神奈川県)

 

6位:思い通りにいかないとき・予定外の対応

思い通りにいかないことに、ため息を覚えながら頑張っている人は、多いものと思います。下の2つのコメントの方が感じている「思い通りにいかないストレス」の要因は正反対のものですが、どちらのストレスもよく分かります。

・「望まない状況に身を置くしかないときが、最もストレス度が高くなる。特に対人的に発生する状況が、最もやっかい。天災なら、あきらめもつくが……」(40代女性・奈良県)

・「事前に計画を立てて、仕事を進めることを好むのですが、不可抗力(天気など)で予定の変更を行うときに、ストレスを感じます。人(上司、同僚)によって予定が変更するときは、何も感じないのに……」(30代男性・長崎県)

一方で、下のように「思い通りにいかないときに、ストレスを感じる自分も見つめ直したい」というコメントもありました。

・「よく考えれば、世の中、自分の思い通りに事が運ぶことの方がまれ。自らストレスを溜めることを、選んでいるのかもしれませんね。今回のお題で、考えさせられるものがありました」(30代女性・東京都)

・「すべて思い返してみると、『思ったとおりにことが運んでいないとき』に、ストレスが生み出される気がします。ストレスは、周りから与えられるものではなく、自分の中で作り出してしまう感情です」(30代女性・東京都)
 

5位:子どものこと

このストレスは、母親である私も日々感じています。子どもを愛おしいと感じても、子育てにはストレスが伴うもの。子育ての悩みには、年代による特徴もありますので、参考にしてみてください。

【20代の方】
・「娘が2歳なので、聞き分けが難しいとは思うのですが、何度も何度も同じイタズラをして、私を怒らせるんです」(20代女性・大阪府)

【30代の方】
・「幼稚園の娘を、毎朝バス停まで送るのがとても大変。『早くしなさい』と怒っても、ボーっとテレビを見ている、ご飯を食べている、着替えている……」(30代女性・埼玉県)

・「小3・小4の息子達は、くだらないことで、毎日のように喧嘩をします。その度に、こっちはイライラ……」(30代女性・東京都) 

【40代の方】
・「子どもの成績が、自分が学生時代のときより悪い。こうしたことに落ち込むとは、親にならなければ、わからなかったよなぁ」(40代女性・埼玉県)

・「中3の息子は、受験生にもかかわらず、家にいると勉強もしない。それなのに、エラソーにソファに横たわっているのを見ると、とてもイライラする」(40代女性・東京都)

次のページでは、「あなたがストレスを感じるとき・第4位~2位」を発表します。