親しくない人が近づくと不快に感じる距離って?

パーソナルスペースとは…近づかれると不快な距離

あなたは他人のパーソナル・スペースを侵していませんか?

親しくない人に近づかれると、思わずのけぞってしまいますよね。電車内が空いていれば隣の人との距離を空けて座る方が多いですし、あまり親しくない人と食卓につく際などには、斜めの前の位置に座る方も多いと思います。このように、人は無意識のうちに、他人との間に距離をとって、快適な空間を保とうします。この個人的な空間のことを「パーソナルスペース」といいます。相手との親密度によってこの広さは異なり、それを侵して他人が入り込むと、人は不快感を覚えるのです。

アメリカの文化人類学者であるエドワート・ホールは、パーソナルスペースを4つのゾーンに大別し、それをさらに近接相と遠方相の2つに分類しました。そのなかで、親しい者同士に許される空間についてご紹介しましょう。

密接距離---ごく親しい人に許される空間
近接相(0~15センチ)
抱きしめられる距離(最も親しい人だけが入るのを許される)
遠方相(15~45センチ)
頭や腰、腿が簡単に触れ合うことはないが、手で相手に触れるくらいの距離(親しい人同士がささやきあえる)

個体距離---相手の表情が読み取れる空間
近接相(45~75センチ)
相手を捕まえられる距離(とても親しい人以外の人がこの空間に入ると、違和感を感じる)
遠方相(75~120センチ)
両方が手を伸ばせば指先が触れあうことができる距離(個人的な話をするときによく利用される)

上記の空間のなかに、あまり親しくない人が入ってくると、不快感を感じることが多くなります。ただし、このパーソナルスペースには個人差があり、社会文化や民族によっても異なります。しかし、他人に不快感を与えない空間のとり方の目安として、覚えておくと便利です。
 

95%がストレスを感じている?通勤通学電車でのイライラの原因

パーソナルスペースとは…近づかれると不快な距離

必要以上に近付かれたくない距離が、パーソナル・スペース


ところで、パーソナルスペースがとれないことでイライラする空間といえば、まっさきに「電車内」を思い浮かべる人は多いでしょう。
 
民間の調査会社マクロミル(2016年)によると、なんと95%の人が通勤通学電車で何らかのストレスを感じていることが分かりました。具体的なストレスのベスト5は、1位が「満員電車・混雑」46%、2位が「乗降時に出入り口等から動かない乗客」44%、3位が「他の乗客のにおい」(汗臭さ・香水など)43%、4位が「ヘッドホンからの音漏れ」37%、5位が「電車の遅延」が37%です。この中でも1位から4位までは十分なパーソナルスペースがとれないために感じているストレスであることが伺えます。
 
こうした電車内でのストレスに常に意識を向けていると、苛立ちが募って耐えきれなくなってしまうものです。そこで人は意識の矛先を別のものに向けることで、乗車中のストレスをうまくかわしているのです。たとえば、スマホを見る、音楽を聴く、考え事をする、外の景色を眺めるというように、ストレスの原因から別のことに意識を向けることで平静を保とうとしています。
 
このように、乗車中は周りの乗客に意識を向けないでいる方がストレスを回避するためには良いのですが、とはいえ、防犯の意味でも周りを警戒をすることは大切ですし、他者への気配りができる心の余裕も持っておきたいものです。
 

自然に距離をおいてしまう夫婦は危機なのか?

パーソナルスペースとは…近づかれると不快な距離

親しき仲にもパーソナル・スペースあり?

こうしたパーソナルスペースは、人と人との距離の変化を確かめるためにも、参考になります。

たとえば、新婚のときには夫婦がリビングのソファでくっついて座っていたのに、気がつけばソファの端と端に座るようになり、さらには一人がソファ、もう一人はダイニングの椅子に座っている。このように、結婚生活と共に夫婦間のパーソナルスペースが拡大していくことは少なくありません。だからといって、それが「夫婦の危機」を意味するわけでもありません。その距離感がお互いにとって居心地がよいなら、無理をして距離を近づける必要もないでしょう。

親子の場合もそうでしょう。幼い子どもは親に抱っこを求めたり、親の膝の上に乗ったりすることを好みますが、中学生にもなれば親の間近に座ることすら嫌がる子も少なくありません。それは子どもが成長によって親からの自立を志向しているためであり、「親子の危機」を意味する訳ではありません。

どのような関係であっても、個としての自分を大切にしながらストレスなく人と付き合っていくためには、パーソナルスペースを大切にしたいと願うことは何も間違っていません。むしろ、お互いにとって適度な空間を保つことは、長い付き合いを円滑に続けていくための生活の知恵でもあります。パーソナルスペースは自他の心身の安心と安全を確保し、自他を尊重するための空間です。お互いのパーソナルスペースを大切にしながら、上手に人と人とのお付き合いを続けていきましょう。

参考文献:『かくれた次元』エドワート・ホール/日高敏隆 佐藤信行訳(みすず書房 1970)、「満員電車はもう嫌だ!」 電車での通勤通学事情を調査(東京・大阪編)(マクロミル、2016年)

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項