人には誰でも侵されたくない空間がある

1
必要以上に近づかれたくない距離がパーソナル・スペース
親しくない人に近づかれると、思わずのけぞってしまいますよね。電車のシートに座るときにも、できるかぎり他人と距離をとろうとするものです。

このように、人は無意識のうちに、他人との間に距離をとって、快適な空間を保とうします。この個人的な空間のことを「パーソナル・スペース」といいます。

相手との親密度によってこの広さは異なり、それを侵して他人が入り込むと、人は不快感を覚えるのです。


親しくない人が近づくと不快に感じる距離って?

1
あなたは他人のパーソナル・スペースを侵していませんか?
アメリカの文化人類学者であるエドワート・ホールは、パーソナル・スペースを4つのゾーンに大別し、それをさらに近接相と遠方相の2つに分類しました。そのなかで、親しい者同士に許される空間についてご紹介しましょう。

密接距離---ごく親しい人に許される空間
近接相(0~15センチ)
抱きしめられる距離
遠方相(15~45センチ)
頭や腰、腿がかんたんに触れ合うことはないが、手で相手に触れるくらいの距離(親しい人同士がささやきあえる)

個体距離---相手の表情が読み取れる空間
近接相(45~75センチ)
相手を捕まえられる距離(妻以外の女性がこの空間に入ると、違和感を感じる)
遠方相(75~120センチ)
両方が手を伸ばせば指先が触れあうことができる距離(個人的な話をするときによく利用される)

上記の空間のなかに、あまり親しくない人が入ってくると、不快感を感じることが多くなります。

ただし、このパーソナル・スペースには個人差があり、社会文化や民族によっても異なります。しかし、他人に不快感を与えない空間のとり方の目安として、覚えておくと便利です。