豆腐に、薬味、ネギ、生姜、鰹節。それを生醤油でいただいて、日本酒で一杯。というと、純日本的な和食の晩酌風景です。今回はこの晩酌の中の、豆腐を取り上げます。

欧米研究者は、日本人に癌死が少ない、虚血性心疾患が少ない、慢性肝炎が多いのに肝硬変が少ないのはなぜ?という疑問を持っています。そのために、医食同源の観点から、日本人の食生活に関心が集まっています。

欧米では調理法が発達しなかった大豆食品には、多彩な薬理作用があります。特に欧米が注目しているのが、大豆中のファイトケミカル(植物性化学物質)のイソフラボン。イソフラボンには、性ホルモンが増殖に関係する悪性腫瘍のうち、女性の乳癌と男性の前立腺癌に対して予防効果があります。

【性ホルモン依存性悪性腫瘍】

性ホルモンに依存した腫瘍は、女性では乳癌、男性では前立腺癌が代表です。欧米では、肺癌に続いて、それぞれの性別の癌死の2番目です。
日本人の癌死では、乳癌が女性では5位、前立腺癌が男性では7位です、

女性ホルモンが乳癌の増殖を、男性ホルモンが前立腺癌の増殖を促進します。そのため、以前は、女性では卵巣除去手術が、男性では去勢手術(睾丸除去術)が治療方法の選択肢の一つでした。また、女性に男性ホルモンの、男性に女性ホルモンの投与も行いました。しかし現在は、性ホルモン分泌刺激ホルモンの分泌を薬剤で抑制できるので、外科的な手術は実施しません。

女性ホルモンと男性ホルモンはコレステロールから作ります。性ホルモンは化学構造からステロイドホルモンに分類できます。元の物質が同じなので、女性ホルモンと男性ホルモンの構造は似ています。ステロイドホルモンは、細胞膜ではなく、細胞質の中の受容体に結合して効果を発揮します。女性ホルモンは男性ホルモンの作用を、男性ホルモンは女性ホルモン作用を抑制します。これは、ステロイドホルモンの受容体の構造が、対象のホルモンが違っていても似ているためです。