Office 2007 SP1で改良されるWord 2007とMS-IME 2007のポイント

では、Office 2007 SP1をインストールすることによるWord 2007とMS-IME 2007の変化についてまとめておきます。まず、Word 2007ですが、次のような点が変更されます(技術資料に掲載されていた内容です)。
  • 別の埋め込みオブジェクトを含む埋め込みオブジェクトを開いたり、編集したりできるようになる。
  • Word 2007のスマートドキュメントの使用時に、[変更履歴]ウィンドウにマウスポインタを移動しても、[ドキュメントアクション]作業ウィンドウが閉じられないようになる。また、それまで開いていた作業ウィンドウが、予期せず開かなくなる不具合が修正される。
  • フォーム用に保護されたセクションも含まれている文書の保護されていないセクションについての目次が、適切に作成および更新されるようになる。
  • 両面印刷オプションが有効なプリンタを選択した場合に、余分なページが印刷されることがなくなる。
いずれも非常に細かい修正なので、一般的なビジネス文書を作ったり、家庭で利用したりするユーザーにとっては、ほとんど気にするレベルではないと思います。とりあえずWord 2007に関しては、動作が安定する程度、と考えておけば十分でしょう。

少し注意が必要なのは、MS-IME 2007です。MS-IME 2007では、入力した文字が漢字に変換できなくなる不具合が報告されていましたが、Office 2007 SP1をインストールすると、それが解消されます。

ただし、資料によると、Office 2007 SP1をインストールすると、辞書の学習内容が初期化される可能性があるとのことです。初期化されると登録した単語も失われてしまうので、単語をたくさん登録している方は、ユーザー辞書をバックアップし、Office 2007 SP1をインストールしたあとで復元するといった処置が必要になるかもしれません。

また、Office 2007 SP1をインストールすると、MS-IME 2007に辞書の修復機能が追加され、プロパティのダイアログボックスも少し変化します。

今回は、MS-IME 2007まわりの検証は行っていませんので、参考になるWebページを記すのにとどめます。

●Office IME 2007 で入力した文字を漢字に変換できない場合の対処方法
http://support.microsoft.com/kb/932102/ja

●Office IME 2007 のユーザー辞書をバックアップする方法
http://support.microsoft.com/kb/931137/JA/

Office 2007 SP1インストール前の[Microsoft Office IME 2007のプロパティ]ダイアログボックス。[修復]ボタンは用意されていない。
Office 2007 SP1インストール前の[Microsoft Office IME 2007のプロパティ]ダイアログボックス。[修復]ボタンは用意されていない。

Office 2007 SP1インストール後の[Microsoft Office IME 2007のプロパティ]ダイアログボックス。[修復]ボタンが新たに追加された。
Office 2007 SP1インストール後の[Microsoft Office IME 2007のプロパティ]ダイアログボックス。[修復]ボタンが新たに追加された。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。