2007年12月12日、Office 2007用のサービスパックが公開されました。正式名称は「2007 Microsoft Office system Service Pack 1」です(以下、「Office 2007 SP1」と略します)。今回は、このサービスパックのインストール方法と、Word 2007およびMS-IME 2007への影響についてまとめました。なお、インストールには時間がかかりますので、仕事等でパソコンを使わない時間帯に作業することをおすすめします。

Office 2007用サービスパック1(SP1)を入れよう

「サービスパック」とは、プログラムの不具合の修正、新しい機能の追加などをまとめて行うプログラムのことで、サービスパックをインストールすることで、プログラムはより安全・便利になります。

最も有名なサービスパックは、Windows XPの「サービスパック2(SP2)」でしょう。Windows XPのセキュリティを大幅に強化したSP2は、大々的にキャンペーンが行われたので記憶している方も多いと思います。全国の郵便局でもCD-ROMが配布されましたね。

昨年12月12日に公開されたものは、Office 2007用のサービスパックです。本記事の公開日は2008年の1月11日ですから、すでにインストールされた方もいるかもしれませんが、自動的にインストールされるわけではないので、まだの方も多いと思います。この機会に、ぜひインストールしておきましょう。

なお、「Office 2007 SP1」の詳細は、以下のページで確認することができます。

http://www.microsoft.com/japan/office/2007/sp1/default.mspx

Office 2007 SP1がインストールされているかどうか確認しよう

Office 2007 SP1をインストールする前に、SP1がインストールされていないことを確認しましょう。もしも、すでにインストールされていれば、もちろんインストールする必要はありません。

1. Word 2007を起動したら、[Office]ボタン→[Wordのオプション]を選択します。

Word 2007を起動したら、[Office]ボタン→[Wordのオプション]を選択します。
Word 2007を起動したら、[Office]ボタン→[Wordのオプション]を選択します。


2. [Wordのオプション]ダイアログボックスが表示されたら、左側で[リソース]をクリックします。

[Wordのオプション]ダイアログボックスが表示されたら、左側で[リソース]をクリックします。
[Wordのオプション]ダイアログボックスが表示されたら、左側で[リソース]をクリックします。


3. 右側の[Microsoft Office Word 2007のバージョン情報]を確認します。ここに「SP1」という文字が含まれていない場合は、SP1はインストールされていません。以降の手順でインストールしましょう。

右側の[Microsoft Office Word 2007のバージョン情報]を確認します。ここに「SP1」という文字が含まれていない場合は、SP1はインストールされていません。以降の手順でインストールしましょう。
右側の[Microsoft Office Word 2007のバージョン情報]を確認します。ここに「SP1」という文字が含まれていない場合は、SP1はインストールされていません。以降の手順でインストールしましょう。


4. こちらは「SP1」の文字がありますので、SP1はインストール済みです。以降の作業は不要です。

こちらは「SP1」の文字がありますので、SP1はインストール済みです。以降の作業は不要です。
こちらは「SP1」の文字がありますので、SP1はインストール済みです。以降の作業は不要です。


Windows VistaのWindows Updateを使ってインストールする