「docx」と「docm」ファイルが扱えるようになる

互換機能パックをインストールしても、Wordの外観は変化しません。[ファイル]→[開く]を選択したとき、Word 2007のファイルが指定できるようになるだけです。指定できるのは、Word 2007の文書である「.docx」ファイルと、マクロを含む文書である「.docm」の2つです。

逆に、旧Wordで作成した文書を2007形式で保存することもできるようになります。具体的には、[ファイル]→[名前を付けて保存]を選択したとき、ファイルの種類として「.docx」と「.docm」を指定できます。

互換機能パックをインストールすると、[ファイルを開く]ダイアログボックスで「Word 2007文書(*.docx)」と「Word 2007マクロ有効文書(*.docm)」を指定できるようになります。
互換機能パックをインストールすると、[ファイルを開く]ダイアログボックスで「Word 2007文書(*.docx)」と「Word 2007マクロ有効文書(*.docm)」を指定できるようになります。


2007形式の文書を読み込むと、このようなメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックすると文書が読み込まれます。
2007形式の文書を読み込むと、このようなメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックすると文書が読み込まれます。


なお、Word 2007形式の文書を読み込めるといっても、2007の新機能がそのまま再現されるわけではありません。たとえば、SmartArtで描いた図形は通常の画像に変換されて表示されます。このように、互換機能パックを導入しても、「Word 2007文書をまったく問題なく扱えるようになる」というわけではありません。

Word 2007の機能をフルに使って編集するためには、やはりWord 2007を利用するのが最も確実であることは、強調しておきたいと思います。

Word 2007で作成した文書をWord 2003に読み込んだ例です。SmartArtの図形が通常の画像に変換されています。
Word 2007で作成した文書をWord 2003に読み込んだ例です。SmartArtの図形が通常の画像に変換されています。


【関連記事】
Word 2007で旧バーションを使う方法


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。