前回はWord 2007ユーザーの立場から旧WordとWord 2007の文書の互換性について説明しました。今回は、旧Wordユーザーの立場から、Word 2007の文書をどう扱うかを説明します。

Word 2007の文書が送られてきた!

Word 2007が登場したからといって、すべてのユーザーがWord 2007にバージョンアップするわけではありません。いずれは、多くのユーザーがWord 2007を利用することになると思いますが、ここ数年間は、多くのユーザーが依然として旧Wordを使い続けるでしょう。

本記事の読者の中にも、「今のWordで特に困っていないので、当分はWord 2007を使うつもりはない」という方は多いと思います。しかし、そういう方の手元にも、いつかWord 2007の文書が届く日はくるでしょう。そのとき「読めない」では困ります。特に仕事でWordを使っている場合、取引先からWord 2007の文書が届いたとき「Wordが古いので読めません」では仕事に差し支えます。

Word 2007へのバージョンアップは見合わせていても、とりあえずWord 2007の文書を読めるように準備だけはしておきましょう。そのためのツールが「Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック」です。

「Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック」とは

「Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック」(以下、「互換機能パック」)は、旧Word/Excel/PowerPointにWord 2007/Excel 2007/PowerPoint 2007のファイルを読み込んで編集できるようにするツールです。マイクロソフトから無償で提供されているツールで、このページからダウンロードできます。

Word 2007だけでなく、Excel 2007とPowerPoint 2007も対象になっていますので、Office 2007のファイルを扱う可能性があるなら早急に導入することをおすすめします。

互換機能パックを導入することで、以下のバージョンのWordでWord 2007のファイルを扱えるようになります。
  • Word 2000 (SP3)
  • Word 2002 (SP3)
  • Word 2003 (SP1以降)
  • Word Viewer 2003

このように、SP(Service Pack)の指定がありますので、 事前にMicrosoft Updateを実行し、Wordを最新の状態にしてから互換機能パックを導入するのが確実です。

互換機能パックをダウンロード&インストールする