カレンダーが表示されないようにする

最後に、カレンダーを削除する操作も紹介しておきます。カレンダーそのものを削除するなら、日付中にカーソルを置いたあと、左端に表示される点が縦に3つ並んでいる箇所をクリックし、[Delete]キーを押してください。

日付だけを残して、カレンダーの機能だけを削除することもできます。この場合は、日付が通常の文字となり、日付中にカーソルを置いてもカレンダーは表示できなくなります。

1. 日付中にカーソルを置きます。
2. 右クリックしてショートカットメニューを開いたら、[コンテンツコントロールの削除]をクリックします。

日付中にカーソルを置いたら、右クリックしてショートカットメニューを開き、[コンテンツコントロールの削除]をクリックします
日付中にカーソルを置いたら、右クリックしてショートカットメニューを開き、[コンテンツコントロールの削除]をクリックします


3. 日付が通常の文字に変換され、以降、カレンダーは表示されなくなります。

日付が通常の文字に変換され、以降、カレンダーは表示されなくなります
日付が通常の文字に変換され、以降、カレンダーは表示されなくなります


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。