Word 2007も操作は同じ(文章は違います)

ここまではWord 2003での操作を紹介しましたが、Word 2007も操作まったく同じです。行頭に =rand() を入力して[Enter]キーを押せば、ダミーテキストに置き換わります。引数で段落数と文章数を指定できるのも共通です。ただし、入力される文章は異なります。実際の画面を使って、操作と挿入されるダミーテキストを確認しておきましょう。

1. 行頭に =rand() と入力して[Enter]キーを押します。

行頭に =rand() と入力して[Enter]キーを押します。
行頭に =rand() と入力して[Enter]キーを押します。


2. ダミーテキストが入力されます。

ダミーテキストが入力されます。
ダミーテキストが入力されます。


ダミーテキストが入力できないときは(Word 2007)

Word 2007でも、=rand()によるダミーテキストが入力できるのは、オートコレクトの自動修正がオンの場合です。オフのときは入力できません。もしも、=rand()が使えないときは、以下の手順で設定を確認・変更してください。

1. [Office]ボタン→[Wordのオプション]で[Wordのオプション]ダイアログボックスを開きます。
[Office]ボタン→[Wordのオプション]で[Wordのオプション]ダイアログボックスを開きます。
[Office]ボタン→[Wordのオプション]で[Wordのオプション]ダイアログボックスを開きます。


2. [文章校正]を選択します。
3. [オートコレクトのオプション]ボタンをクリックします。

[文章校正]を選択し、[オートコレクトのオプション]ボタンをクリックします。
[文章校正]を選択し、[オートコレクトのオプション]ボタンをクリックします。


4. [オートコレクト]ダイアログボックスが開いたら、[オートコレクト]タブを選択します。
5. [入力中に自動修正する]チェックボックスをオンにします。
6. [OK]ボタンをクリックします。

[入力中に自動修正する]チェックボックスをオンにします。
[入力中に自動修正する]チェックボックスをオンにします。


7. [Wordのオプション]ダイアログボックスに戻ったら、[OK]ボタンをクリックします。

[Wordのオプション]ダイアログボックスに戻ったら、[OK]ボタンをクリックします。
[Wordのオプション]ダイアログボックスに戻ったら、[OK]ボタンをクリックします。


PowerPointでも利用可能

何かと便利な =rand() ですが、PowerPoint 2003/2007でもまったく同じ操作で利用できます。入力される文章は異なりますが、PowerPointで適当な文章が必要なときは、試してみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。