何かサンプルの文章が必要なとき、Word 2003/2007には簡単な方法で文章(ダミーテキスト)を入力する機能が用意されています。ちょっとしたテクニックですが、覚えておくと何かと便利ですよ。

ダミーテキストとは?

Wordの機能を試したいとき、たとえば文字にフォントを設定したり、文字の入ったテキストボックスを作成したりしたいとき、「あああ」や「いいい」などの意味のない適当な文字を入力している方は多いと思います。文章に意味はなくても、フォントを確認したり、テキストボックスに入る文章量の目安を知るには、特に差し障りはありません。

このような意味のない文章のことを「ダミーテキスト」と呼びます。内容に意味はありませんから、ダミーテキストは素早く入力できた方が便利です。

行頭で =rand() と入力して[Enter]キー(Word 2003/2007)

ダミーテキストのために用意されている特殊なコマンドが、次です。

=rand()

行頭にこのコマンドを半角で入力し、[Enter]キーを押すと、ダミーテキストに置き換わります(行頭以外に入力しても無効です。必ず行頭に!)。

1.行頭に =rand() と入力したら、[Enter]キーを押します。

行頭に =rand() と入力したら、[Enter]キーを押します。
行頭に =rand() と入力したら、[Enter]キーを押します。


2.ダミーテキストに置き換わります(コマンドの =rand() は消えます)。

ダミーテキストに置き換わります(コマンドの =rand() は消えます)。
ダミーテキストに置き換わります(コマンドの =rand() は消えます)。


具体的に入力されるのは、次の文章の繰り返しです(注)。

Word 2003 は、画期的な日本語入力・編集環境を実現した日本語ワープロです。

この文章が5個で1つの段落となり、段落が3つ挿入されます。なお、=rand() は大文字でも小文字でもかまいません。

(注)Word 2003の場合、ダミーテキストの最後の文章は、なぜか「Word 2003 は~日本語ワープロで」と中途半端なところで終わります。ダミーテキストなので、別に問題はないんですが、ちょっと不思議です。何か意味があるようにも思えないんですが……

段落数と文章数を指定して入力(Word 2003/2007)