ワードのページレイアウトは、まずはページ設定から

1ページの行数、1行の文字数、用紙サイズなど、ページ全体に関する設定を「ページ設定」と呼びます。ページ設定は文書全体のデザインを決定する重要な要素なので、用意されている項目と設定方法をしっかりと把握しておくことが大切です。

Wordで新規文書を作成すると、あらかじめ決められたページ設定で白紙のページが用意されますので、必要に応じて設定を変更します。たとえば、A4以外の用紙を使うなら、ページ設定で用紙サイズを変更する必要があります。

以下では、Wordのバージョンごとに、ページ設定の手順をまとめておきます。

●Word 2003の場合
Word 2003では、[ファイル]→[ページ設定]を選択して[ページ設定]ダイアログボックスを開いてページを設定します。
 
Word 2003の[ページ設定]ダイアログボックス
Word 2003の[ページ設定]ダイアログボックス

●Word 2007/2010/2013の場合
Word 2007/2010/2013では、[ページレイアウト]タブの[ページ設定]グループに、ページ設定を変更するボタンが集められています。また、[ページ設定]グループの右下にあるボタンをクリックして、[ページ設定]ダイアログボックスを開くこともできます。

 
[ページ設定]グループの右下にあるボタンをクリックして、[ページ設定]ダイアログボックスを開くこともできます。

Word 2007/2010/2013では、[ページレイアウト]タブの[ページ設定]で設定します。右下のボタンをクリックして[ページ設定]ダイアログボックスも表示できます



●Word 2016の場合
Word 2016では、[レイアウト]タブの[ページ設定]グループに、ページ設定を変更するボタンが集められています。また、右下のボタンで[ページ設定]ダイアログボックスを開くこともできます。
Word 2016では、[レイアウト]タブの[ページ設定]で設定します。右下のボタンをクリックして[ページ設定]ダイアログボックスも表示できます

Word 2016では、[レイアウト]タブの[ページ設定]で設定します。右下のボタンをクリックして[ページ設定]ダイアログボックスも表示できます





【関連記事】
  • ページのスタイルを設定しよう
    Wordの「スタイル」は、とても重要な概念です。本記事では、その中でも文書全体のスタイルを決める上でとても重要な「ページのスタイル」について詳しく解説します。
     
  • ワードの文書を段組みにしよう
    文章量の多い文書や1行が長い文書は、段組みを設定すると読みやすくなる場合があります。本記事では、Wordで段組みを設定する基本的な操作を紹介します。

  • 透かし文字を入れる(2003/2007) 、 (2010/2013/2016)
    各ページの背後に「機密」「Confidential」などの薄い文字が入っている文書を見たことがあると思います。この文字を「透かし文字」と呼びます。本記事では、この「透かし文字」の作り方を紹介します。

  • ページ罫線で文書を華やかに(2003/2007)
    「ページ罫線」を使うと、ページ全体を色つきの線やおしゃれな飾り罫線で囲むことができます。ポスターやチラシなどを作るとき、重宝します。
     
  • 余白を設定する(2007/2003)
    余白は文書全体のレイアウトを決定する重要な要素です。通常は初期設定のままが多いと思いますが、作成する文書によっては、柔軟に変更する必要があります。本記事では、Word 2007とWord 2003で余白を設定する基本操作を紹介します。
     
  • ワード本文のフォント・サイズを変更する
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。