ワードで目次・索引を作るには

長いレポートや論文などを作成するときは、目次・索引機能が必須です。Wordには、見出しとページ番号を自動的に抽出して目次を作ったり、索引語句をページ番号とともに抜き出して自動的に索引を作ったりする機能が用意されています。長い文書を作るときは、目次・索引はぜひ活用したい機能です。

索引を作りたいときは、「索引の作り方(2003/2007)」を参照してください。Word 2003とWord 2007での索引の作り方を一通り説明しています。目次の作成方法や作った索引・目次の修正方法などについても、随時、記事を追加していく予定です。

Word 2007では、目次の作成機能が強化されています。一覧からデザインを選ぶだけで、目次を作成することができます
Word 2007では、目次の作成機能が強化されています。一覧からデザインを選ぶだけで、目次を作成することができます


【関連記事】
  • 索引の作り方(2003/2007)
    索引は文書中の単語と、その単語が掲載されているページ数を抜き出して並べたものです。今回は、Word 2003とWord 2007それぞれについて、索引作成の基本操作を紹介します。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。