索引は文書中の単語と、その単語が掲載されているページ数を抜き出して並べたものです。ページ数の少ない文書ではあまり必要ではありませんが、長文のレポートや論文では、必要になるケースが多いでしょう。今回は、Wordで索引を作る基本操作を、Word 2003とWord 2007それぞれについてまとめましたので、該当する方を参考にしてください。

索引にする単語を登録する(Word 2003)

索引を作るには、文書中のどの単語を索引に載せるかを決めなければいけません。その作業が「索引登録」です。登録するときは、ダイアログボックスが開いたままになるので、単語を次々と登録できます。

注意したいのは、読みの設定です。読みは索引を並べ替えるのに必要となります。自動的に設定される場合がほとんどですが、設定されなかったり、自動的に設定された読みが間違ってる場合は手動で修正してください。なお、「Windows」や「Word」のようにアルファベットの単語の場合は、読みを省略するとアルファベット順に並べ替えられます。もしも、あいうえお順で並べ替えたい場合は、「うぃんどうず」「わーど」のように、ひらがなで読みを入力してください。

1.索引にする単語を選択したら、[Shift]+[Alt]+[X]キーを押します。
2.[索引登録]ダイアログボックスが開き、[登録(メイン)]に選択した単語が表示されます。
3.[読み]に単語の読みを全角ひらがなで入力します。読みは索引を並べ替えるのに利用されます。なお、読みが自動的に設定された場合は、確認するだけでかまいません。もしも間違っている場合は修正してください。
4.[オプション]で[現在のページ]を指定します。
5.[登録]ボタンをクリックします。
索引にする単語を選択したら、[Shift]+[Alt]+[X]キーを押して[索引登録]ダイアログボックスを開きます。[読み]と[オプション]を設定して[登録]ボタンをクリックします
索引にする単語を選択したら、[Shift]+[Alt]+[X]キーを押して[索引登録]ダイアログボックスを開きます。[読み]と[オプション]を設定して[登録]ボタンをクリックします


6.単語が索引として登録され、単語の直後に索引の指定(索引のフィールドコード)が挿入されます。
単語が索引として登録され、単語の直後に索引の指定(索引のフィールドコード)が挿入されます
単語が索引として登録され、単語の直後に索引の指定(索引のフィールドコード)が挿入されます


7.次の単語をドラッグして選択します。
8.[索引登録]ダイアログボックス内をクリックします。
次の単語を選択したら、[索引登録]ダイアログボックス内をクリックします
次の単語を選択したら、[索引登録]ダイアログボックス内をクリックします


9.[登録(メイン)]に選択した単語が自動的にセットされます。
10.[読み]を入力します。ただし、この例のようにアルファベットの単語の場合は、[読み]は省略してもかまいません。その場合は、単語がアルファベット順で並べ替えられることになります。
11.[登録]ボタンをクリックします。
[登録(メイン)]に選択した単語が自動的にセットされるので、[読み]を指定して[登録]ボタンをクリックします
[登録(メイン)]に選択した単語が自動的にセットされるので、[読み]を指定して[登録]ボタンをクリックします


12.同じ操作を繰り返して、索引にする単語を登録してください。登録が終わったら、[閉じる]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。
じ操作を繰り返して、索引にする単語を登録してください。登録が終わったら、[閉じる]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます
同じ操作を繰り返して、索引にする単語を登録してください。登録が終わったら、[閉じる]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます


索引を作成する(Word 2003)