ファイル一覧で縮小表示表示させる(2003)

では、Word 2003での設定を説明します。ファイル一覧で縮小表示させるかどうかは、個々のファイルごとに設定します。

1. この文書ファイルが縮小表示されるようにしてみます。

この文書ファイルが縮小表示されるようにしてみます
この文書ファイルが縮小表示されるようにしてみます


2. 縮小表示させたい文書を読み込んだら、[ファイル]→[プロパティ]を選択して、プロパティのダイアログボックスを開きます。

縮小表示させたい文書を読み込んだら、[ファイル]→[プロパティ]を選択して、プロパティのダイアログボックスを開きます
縮小表示させたい文書を読み込んだら、[ファイル]→[プロパティ]を選択して、プロパティのダイアログボックスを開きます


3. [ファイルの概要]タブをクリックします。
4. [プレビューの図を保存する]チェックボックスをオンにします。
5. [OK]ボタンをクリックします。このあと、[ファイル]→[上書き保存]を選択してファイルを上書き保存してください。設定は以上です。

[ファイルの概要]タブの[プレビューの図を保存する]チェックボックスをオンにし、[OK]ボタンをクリックします。最後にファイルを上書き保存することを忘れずに!
[ファイルの概要]タブの[プレビューの図を保存する]チェックボックスをオンにし、[OK]ボタンをクリックします。最後にファイルを上書き保存することを忘れずに!


6. 以降は、[ファイルを開く]ダイアログボックスで表示方法として「縮小表示」を選択したとき、縮小表示されるようになります。

以降は、[ファイルを開く]ダイアログボックスで表示方法として「縮小表示」を選択したとき、縮小表示されるようになります
以降は、[ファイルを開く]ダイアログボックスで表示方法として「縮小表示」を選択したとき、縮小表示されるようになります


ファイル一覧で縮小表示させる(2007)