Wordで文章を書いていると、文章中の言葉に赤や緑の波線が付くことがあります。これは何でしょうか? 今回は、この波線の謎を解き明かします。なお、今回のトピックはWord 2003/2007に共通しています。

Wordがミスを指摘してくれる

Wordはユーザーが入力する文章を常にチェックし、「これは間違いできないか」あるいは「別の表現の方が適切かもしれない」といった判断をしています。この機能を「自動文章校正機能」と呼びます。

結論から書くと、赤と緑の波線は、この自動文章校正機能の結果なのです。次の画面をご覧ください。

Word 2003で入力した文章です。赤と緑の波線がたくさん付いています。
Word 2003で入力した文章です。赤と緑の波線がたくさん付いています。


これは、Word 2003に入力した文章ですが、わずかな文章であるにも関わらず、赤と緑の波線がたくさん付いています。

波線の付いた言葉を右クリックすると、ショートカットメニューか開き、チェックされた理由や正しい候補が表示されます。

先の文章の場合、「してます」が"い抜き表現"であることが指摘され、同時に「しています」という候補が表示されます。また、「。。」を右クリックすると、句点の連続が指摘され、メニューの先頭を選択すれば「。」に修正できます。

このように、赤と緑の波線が付いたら、右クリックすることでチェックされた理由を調べ、修正することができるのです。

緑の下線が付いた「してます」を右クリックしたところです。メニューのいちばん上をクリックします。
緑の下線が付いた「してます」を右クリックしたところです。メニューのいちばん上をクリックします。

「してます」が「しています」に修正され、緑の下線が消えました。
「してます」が「しています」に修正され、緑の下線が消えました。

赤い下線が付いた「。。」を右クリックしたところです。メニューのいちばん上をクリックします。
赤い下線が付いた「。。」を右クリックしたところです。メニューのいちばん上をクリックします。

「。。」が「。」に修正され、赤い下線が消えました。
「。。」が「。」に修正され、赤い下線が消えました。


では、赤と緑の違いは?