ブログでブランディングに成功!

 mixi本の著者によるmixiとSNSの話
高橋暁子のC教室*mixi本の著者によるmixiとSNSの話*」営業ツールとして、実績をアピール!
フリーライター、作家として活躍している高橋暁子さんは、ブログで「mixiの専門家」というブランディングに成功された方です。高橋さんは、当初、mixiのヘビーユーザーではなかったものの、mixiで面白い活動をしている人たちが集まるところに顔を出していると、そのつながりから、共著となった「ソーシャル・ネットワーキング・サービス 縁の手帖」の出版プロジェクトへライターとして参加。これを実績にして、営業活動の一環としてブログを立ち上げました。「mixi本の著者によるmixiとSNSの話」という副題でブログを書き、実績と能力を積極的にアピール。「mixiの専門家」として周囲に認知されるようになっていきました。

ミクシィ活用本
mixiの専門家と認知されて「660万人のためのミクシィ活用本 こんな使い方があったんだ!」 「さすが!と言わせる mixi徹底攻略術」2冊のmixi本を出版。
「当時は、新しい分野でまだ専門家がいなかったため、今がチャンスと思って、専門家になるためのブランディングを行いました。ブログ開設から3ヶ月目からテレビ局やJ-CASTなどのメディアから取材依頼が入るようになり、ブログを書き続けることで知名度を上げ、mixiに関する本を2冊出版することができました。1冊は、全く知らない編集者の方からの依頼でした。その方は、ブログの記事を読んで、最終的に(執筆依頼をしようと)決めてくれたそうです。」


■高橋暁子さんにとってのブログ効果
・自分を専門家としてアピールするための営業ツールとしてブログを始めたところ、実際にそれ以上の効果を得ることができた。
・ブログの1番の効果は、日々勉強できること。書くためには勉強をするので、必然的にそのテーマに詳しくなれる。
・自分が本当に興味があること、やりたいことが明確になった。
・継続することで、自分のメディアを持てるようになり、結果として知名度を上げることができた。

次にご紹介するブログ活用法は、本を出版された後、作家ブログを立ち上げて、読者の皆さんと交流。本の売上アップにつながった、世界一周NAVIゲーターの河本ぼあらさんのお話です。次ページへ続きます>>