「資金繰り表」を作ろう!

それでは、「資金繰り表」の作成手順を、私が使用しているフォーマットをサンプルにしてご説明します。エクセル等の表計算ソフトで作成して、計算式を入れておくととても便利です。金額を入力するだけで、自動計算してくれます。

フォーマットは、特にこうでなければいけないというものではありませんので、仕事内容に合わせて分かりやすい形式で作ってみて下さい。

■資金繰り表の作成例

資金繰り表


■資金繰り表の作成手順

  1. 「支出」欄へ、毎月支払う経費(固定費)を事業経費と生活費に分けて入力します。各経費は、予算額です。
    ★経費予算の組み立てが甘いと思わぬ資金不足を招くので、モレなく余裕を持たせて計上することがポイントです。

  2. ローンの返済や、積立貯金をしている方は、「財務支出」欄へ、その金額をそれぞれ入力します。(→借入金返済/→預金預入)

  3. 「前月繰越し」欄へ、手元現金と事業用通帳の残高の合計金額を入力します。

  4. 「収入」の売掛金回収欄へ、入金予定の売上額を該当月に入力します。

  5. 売上に対して経費が発生(外注への支払等)したら、「支出」の事業経費欄へ入力します。

  6. 事業資金を借りたり、個人用の預金口座から引出して事業用に使った場合(事業主借で経理処理したもの)は、「財務収入」欄へ、その金額を入力します。

  7. 計算式:「前月繰越」+「収入」-「支出」+「財務収入」-「財務支出」=当月残高(→次月へ繰越)

支出予算額を1年分入力し、次に現在確定している収入予定額を入力すると、各月末の現金の過不足が一目瞭然になります。

各月末の残高を眺めて、楽しくなるかぁ~、寒くなるかぁ~は売上次第! しかし、一目で全てを見渡すことに意味があります。今年の売上目標まであとどの位とか分かれば、やる気が出るというものです。また、このままでは前年割れ、営業しなくては、と早めに察知して次の行動につながります。

「資金繰り表」は、仕事を数字でつかむ感覚を身につけ、営業目標を明確にしてくれる優れものですので、是非、活用してみてください。

「初めての青色申告ガイド」が本になりました!

図解 フリーランスのための超簡単!初めての青色申告
フリーランス仕様の青色申告ソフト付(Win)です!節税の第1歩は青色申告から! しかし、複式簿記での帳簿作成は、経理ビギナーにとってかなりの難関です。 でも、仕入・在庫がないフリーランスの経理は、実はとってもシンプルです。

そこで、経理が苦手な方でも、3日で複式簿記を攻略して、青色申告特別控除65万円を獲得できる「フリーランスのための青色申告ソフト」を開発! 「図解 フリーランスのための超簡単!初めての青色申告」の読者特典として、リリースしました(※ダウンロードサイト)。2006年に出版後、多くの皆さんにご支持いただき、お陰さまで【改定版】が発売となりました。この1冊で、青色申告が確実にクリアできます。是非ご活用ください! ⇒詳しくはコチラ


■関連記事&リンク集

経理の基礎知識
「経理」に強いと利益が上がる!
必要経費になるのは、どこまで?
コレ必要経費になる?ならない?
これで完璧!「勘定科目一覧表」
複式簿記をイメージで理解する!
何をどの帳簿につけたらいいの?

青色申告の基礎知識
初めての青色申告ガイド【前編】
初めての青色申告ガイド【後編】
平成15年度税制改正(減価償却/消費税)

確定申告の基礎知識
フリーランスの確定申告FAQ
確定申告で、税金を取り戻そう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。