オープンオフィスの便利な機能

Mathを使って数式を入力する
Mathを使って数式を入力する
オープンオフィスではWord、Excel、PowerPoint、Accessでできることは一通りできます。他にも便利な機能が揃っています。

WriterならWordファイルを読み込んで修正し、PDFファイルとして出力することができます。PDFファイルを作るソフトをわざわざ揃える必要がありません。

変わったところではMathを使って数式を入力することができます。
ImpressはPowerPointと同様のプレゼンテーションソフトですが、作ったスライドをFlashアニメーションとして書き出すことができます。この機能はPowerPointにはありません。もちろんデータはオープンな標準で保存されます。

オープンオフィスのインストールですが、始めて使う人向けのページとして「オープンオフィスの入口」があります。インストールなどはそちらを参照してください。さらに詳しい情報は「OpenOffice.org日本ユーザ会」があります。

ネットワークでオフィスを活用するには

Google Docs & Spreadsheets
Google Docs & Spreadsheets
次にネットワークを使って活用できるオフィスをみてみましょう。

代表的なのがGoogleのDocs & Spreadsheetsです。(利用にはGoogleアカウントが必要)

ネットワーク上で作るだけでなくハードディスクにあるWordやExcelデータをアップロードして修正することも保存することもできます。

ネットワークで使用しますのでソフトをインストールする必要がありません。またファイルを共有したい人を招待することで、グループで表や文章を扱うことができます。また文書やスプレッドシートをウェブページ形式に変換してホームページとして公開することもできます。

ネットワークでPowerPointのファイルを扱いたい場合はソースネクストから「ThinkFree てがるオフィス」(ベータ版)が出ています。こちらもネットワークで使いますので、複数で共有することができます。マイクロソフト・オフィスとの互換性が特徴で、Word、Excel、PowerPointのファイルが編集可能です。

関連ガイド記事

これだけあれば安心?MSが始めた新サービス
手書きメモをそのままPCに取り込み知的生産
誰がメールを送ったのか着信音で分かる
2017年まで使えるホームページ作成ソフト
ジャストインタイムが情報収集の極意
目的にあった複合機の選び方
パソコンなしでプレゼンできるプロジェクタ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。