センスが良く、意味が伝わるカラー選びのコツ

カラー選び
資料の「色使い」について悩んだことはありませんか?
カラープリンターとプロジェクターの普及により、「カラー」でプレゼンテーションをする機会が増えてきましたね。モノクロの印刷物を机に広げて説明をする時代とは違い、プレゼンでは「色のセンス」までが問われるようになってきました。

しかし「色のセンス」とは非常に主観的なもの。一体どんな色使いだと「センスが良く」て、どんな色使いだと「センスが悪い」のでしょうか。

ここで「プレゼンテーション資料として、相手に的確に伝える」という視点から、「色使い」の考え方について2つのポイントをご紹介したいと思います。

相手に伝えるための色使いの2つのポイント

わかりやすく相手に伝えるための「色使い」の考え方には、2つのポイントがあります。

ポイント1 : 相手の“趣味”と色による“意味づけ”を考える
ポイント2 : “カラー・モノクロ対応表”で確認する

人間にはそれぞれ好みの色使いという趣味があるので、それが大きくどのように分類され、それぞれどのような配色にすれば良いのかをとらえる、というのが1つ目のポイントです。これに加えてコントラスト(対比)、グラデーション(段階)といった、色に持たせるべき「意味」を考えます。

2つ目の「“カラー・モノクロ対応表”」というのは、カラー画面で見ても、モノクロ印刷で見ても、強調すべき部分が強調されるような配色にするということです。カラー画面で見れば強調点がはっきりするのに、モノクロ印刷にするとどこがポイントかわからなくなってしまう、という状況はよく発生しがちです。

では、相手の“趣味”とはどのように分類されるのでしょうか?詳細は次ページ