本コラムは2001年当時の考えであり、入門編です。
2003年時点でガイドが考える「ブランドとは何か?」については、こちらをご覧ください。


ブランドとは何か?

例えば「SONY」と言われて、あなたは何を連想しますか?
「楽しい」「プレイステーション」「夢がある」「メディアージュ」「AIBO」「出井さん」などなど…。
SONYの醸し出す様々な世界が、あなたのアタマのなかに拡がったでしょうか?

そう!その瞬間が「ブランド」なのです!

ブランドは、顧客のアタマのなかに拡がる世界観そのものであり、一言でいえば「〇〇らしさ」であると表現できます。

ここ数年、急速にこの“ブランド”がマーケティングの主要なテーマになっています。
企業はなぜこんなにもブランドに興味を示すのでしょうか?

企業にとって、ブランドはどうして大切なのか?

例えば、MDウォークマンが、SONY製のものと他社製のものと2つ並んでいた場合、同じ機能で同じ価格ならどちらを買いますか?
また、多少割高でもSONYのほうに手が伸びる可能性はないでしょうか?

「SONYのほうが、なんとなく格好いいと思ったから、手が伸びた」とすれば、あなたは価格を超えたSONYのブランド価値を買ったということになります。

この現象を企業側から見ると、こう説明できます。
「ブランド価値が高いので、同じ商品でも価格を維持することができ、同時に利益率の高い商売が可能になった」と。

つまり企業にとって、ブランドは、「企業の安定的かつ継続的な収益を保証するもの」なのです。

ブランドがもたらす3つの価値

ブランドは顧客にとって価値のあるもので、企業に継続的な収益をもたらします。
しかし、ブランドは顧客にとってのみ、価値あるものなのでしょうか?

どうやらそうでもないようです。

ブランドは、主に顧客、従業員、株主の三者に対して価値あるものだと考えられています。

1.顧客価値    企業が顧客に対して提供する価値
2.従業員価値   企業が従業員に対して提供する価値
3.株主価値    企業が株主に対して提供する価値

顧客、従業員、株主にとって、ブランドはどのような価値があるのでしょうか?
事例を用いて考えてみましょう。