リレーションが出来たらロングテール作戦にでる

いったんお客さんとのリレーションができたら、次はロングテールを信じて複数商品を広げます。すでに信頼を得ている状態ならば、説明をする時間をもらうのにもそれほど労力はいらないでしょう。

現在はニーズ多様化の時代。たくさんある商品のなかからお客さんのニッチなニーズに応える商品もあるでしょう。それは一概に、売れ行き商品でカバーできるものばかりではないはず。

売れ行き→ニッチの流れは王道

実は、このパレートの法則とロングテールを用いて説明した流れは、昔から使われた王道なのです。通信販売の世界などは顕著なのですが、低価格の売れ筋商品を用いてお客さんに最初の取引をしてもらい、顧客リストに名前を載せられたら、多数商品が掲載されたパンフレットを送る。

営業マンも、ただただ売れそうな商品を売るだけでなく、このあたりを戦略的に動くことが出来ると、努力量以上に売ることができるようになりますよ。

 


■関連サイト

コラム著者のサイト『マーキュリッチ』

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。