こういう問題があるんじゃないですか?

事例企業とお客さんが同じような状況でないときでも、事例というのは有効です。「あ、まさに同じ状況だ」とならなくてもいいのです。

「○○社さんはこんな状況だったんですが、御社ではどうですかねぇ?」
こういう聞き方ならば、「御社では××という問題がないですか?」と聞くよりも、マイルドになって、情報収集のための質問がしやすいのではないですか?


そんな良い結果は、うちも欲しいな

うえで書いたとおり、「当社の商品はこんなにすばらしいです!」とは言いにくいもの。それをいやらしくなく表現してくれるのも事例のよいところです。

「当社の商品をつかってくれている○○さんは、こんな風に言ってくれています」
という前置きで、それとなくメリットを強調して表現することができます。

テレビCMなどでも、よく使う手ですね。化粧品の宣伝などで、使用者のひとりが登場して「使い始めて、すぐに違いがわかりました。こんなにスベスベ♪」と言っていたりしますね。お客の言葉としてメリットを表現するのは、非常にうまいテです。


このように、非常に使い勝手のよい事例。
使わないのはもったいないですよ。最大限活用しましょう。

 


■関連サイト

顧客を振り向かせる資料つくり
連載:イニシアティブ・セールスBasic
連載:営業マンのプレゼンテーション



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。