人間関係を築く。この言葉、新聞や雑誌やビジネス書など、いろんなところで見かけます。でも、人間関係を築くって抽象的な表現で分かりにくいですよね。いったい、どうすれば人間関係を築くことができるのでしょうか。

人間関係を築くというと、なんだかいろんなものがからみあって難しいように感じられますが、実は人間関係というのは単純です。好きか嫌いか、それだけです。好きな人に会いたい。嫌いな人には会いたくない。好きな人と話したい。嫌いな人とは話したくない。

お互いに好きなら、よい人間関係。一方またはお互いに嫌いなら、よい人間関係ではないのです。

顧客との人間関係も同じことです。好きな営業担当者に相談したい。嫌いな営業担当者には相談したくない。好きな営業担当者から買いたい。嫌いな営業担当者からは買いたくない。

よい人間関係を築くためには、相手から好かれることが重要です。今回は、人に好意を感じさせるさまざまな要因について考えてみましょう。

→ まずは、好意の返報性と類似性の法則です。

ページ: 1 2 3


関連 Close Up !
【特集】仕事で使える「一芸」を身に付ける
人間関係をよくする「聞く技術」
はじめて会う顧客との関係づくり
心の武装を解くペーシング

この記事を知人に紹介
この記事の内容がお役に立ちましたら、ぜひお知り合いの方にメールでおすすめしてください。
 → いますぐおすすめ
ニュースレターを購読 あなたの一票に投票
新着記事のご案内やショートコラムなどのお役立ち情報をメールでお届けします。もちろん無料です。ぜひご登録ください。 より現実に合った記事をお届けするために、みなさまのご意見をお聞かせください。
 → いますぐ登録  → いますぐ投票