生産者視点VS購入者視点。プレゼンや企画で必要なのは?
プレゼンや企画について考えるうえで、とても大切な概念があります。それは「マーケティング」という考え方。大切な概念なのですが、ついつい忘れてしまいがちなものなんです。今回は、そんなマーケティング思考についてお話したいと思います。

プロダクトアウトとマーケットイン

最初に若干お勉強的な話から入らせてください。プロダクトアウトとか、マーケットインという言葉は聞いたことありますか? 詳しくはこちらのページをご覧いただきたいのですが、ざっくりと説明するとこんな感じです。

プロダクトアウト:
生産者視点。性能の良いものを提供しようという発想。典型的な言葉でいえば「これいいですよ!」

マーケットイン:
購入者視点。顧客の望むものを提供しようという発想。典型的な言葉でいえば「あなたの欲しいの何ですか?」

マーケティング思考とは、簡単にいうとプロダクトアウトでなく、マーケットインの発想で物事を考えられることを言います。この考え方が企画やプレゼンのときに出来ているかどうかが、プレゼン・企画の成否を大きく分けるんですよね。

持ち込み企画やプレゼンはプッシュ型の行為

企画を提案したり、プレゼンテーションするという行為は、基本的にプッシュ型の活動です。こちらが攻めていくもの。だから「こういうのどうですか?」的なプロダクトアウトのアプローチになってしまいがち。それは仕方がないことです。

スタイルが押し売り的な形になるのは、ある程度やむを得ないにしても、その中身までが押し売りになるのは非常にマズいです。中身はマーケットインを強く意識しましょう。

マーケットインを強く意識した中身とは、一体どんなものか?その答えは次のページで。