別れのシーンの言葉が思い出を書き換える?!

感謝を伝える別れの挨拶

感謝を伝え気持ちのいい別れができる挨拶について考えてみましょう

人の記憶は思っているより曖昧です。
  • 他者の発言や質問によって記憶が違ったものなってしまう
  • 間違った記憶を実際に起きたことだと勘違いしてしまう
こういった現象が起きることは、皆さんもご存知のとおり。事例も枚挙にいとまがありません。参考までに歴史に残る、有名な記憶違いをいくつか見てみましょう。

1993年、イギリスで聖職者が青年に「性的虐待を受けた」と訴えられる事件がありました。調査の結果、青年の記憶違いであることが判明。記憶違い訴訟として有名になりました。

2008年、ヒラリー・クリントンさんが演説で「ボスニアを訪問では、銃火が飛び交う中を着陸し、歓迎式典もなかった」と発言しました。実際の映像ではヒラリーさんは笑顔で出迎えを受けており、後に「記憶違いだった」と釈明しています。

これらは極端な例ですが、小さな記憶違いというのは私たちの周りでも日常的に起きています。特に会話は記憶をいい方向にも悪い方向にも変えてしまうほどの影響力を秘めています。送別会や別れのシーンで、なにげなくした会話が思い出に影響を与えるということもあるでしょう。

自己紹介などの第一印象に気を配る人は多いのに、お別れの挨拶に関して準備をする人は少数派です。どのような点に気をつければいいのか、この機会に、お別れの挨拶について考えてみましょう。


思い出の「タグ付け」は変えることができる

記憶に関する研究をしているEndel Tulvingさんは、相手の質問によって、思い出される内容が変わってしまう(記憶違いを起こす)ことを報告しています。

皆さんはお別れのシーンで、どんな質問をしているでしょうか?例として、職場の送別会での会話を思い浮かべてみましょう。

「A社のクレームは大変だったよね」
「一番辛かった思い出はなんですか?」

こういった送別会の定番とも言える話題も、ちょっとした言い換えをしたいところです。

「A社のクレームも無事におさめることができてよかったですよね」
「克服して誇りに感じた思い出はなんですか?」

言葉遊びのように見えるかも知れませんが、印象が変わることを感じていただけたのではないでしょうか。

筆者は、送別会の時に「一番頑張ったことはなに?」と聞かれたことがあります。答えを考えるうちに、「イヤな思い出」だとタグ付けしていたことが、「成長の機会」というタグに変わるという体験をすることができました。あの質問のおかげで、その人と過ごした何年間かの思い出が辛いものから、よいものに変わった気がして、今でも感謝しています。

お別れのシーンでの会話って大事ですね。では、どのように会話を構築すればいいのか。次のページでは、3ステップで出来る、自分らしい別れの挨拶について解説します。