評価される報連相とは?

上司への報告は伝え方も大切

上司への報告は伝え方も大切

報連相とは、仕事を円滑に行うために欠かせない「報告」「連絡」「相談」の頭文字をとったもの。ビジネスマナーとしても押さえておくことは必須ですので、ほとんどの方が基本を学び、実践していると思います。

*基本を確認したい方にオススメ……報告・連絡・相談の上手な使い方

基本を押さえた人が次に知っておきたいのが、報連相をするときの「伝え方」です。伝え方によっては、上司が受ける印象や、内容に関する判断が変わってしまうことがあります。このあたりを意識して、正しく、わかりやすい報連相ができるようにしたいものです。具体例を見ながら、報連相の勘所を掴んでいきましょう。


報告の仕方で判断が変わってしまう事例

以下のような案件がありました。あなたなら、報連相をどのように使いますか?

【事例1】
あなたはイベントの受付責任者として会場に来ています。初日、2日目と予想以上の人が来場し、受付のメンバーはトイレにも行けないほどの忙しさ。休憩時間もとれずに疲れきっている状況です。お客様は長い列を作り、入場までに20分ほど待たせてしまっているので、怒って帰ってしまう人もいました。明日は土曜日なので今日以上の人出が見込まれます。あなたは会社に電話して次のように報告しました。

来場者が思ったより多くて、受付の子は疲れきっています。明日は土曜日ですし、もっと忙しくなるかも知れません。ご相談なのですが、受付の応援にあと二人来られるよう手配してもらえませんか?

ところが、上司は「もう少し頑張るよう言ってくれよ」とだけ言って、対応してくれませんでした。伝え方のどの部分がいけなかったのでしょうか。どうすれば、事態を正確に把握して対応してもらえたのでしょうか。

(自分なりの報・連・相を考えてから次を読み進めてください)