断れない人のためのビジネスシーンで断るときの決まり文句

人間関係に配慮した断り方

人間関係に配慮した断り方の基本パターンを覚えておこう

断らなければならないあなたのために、丁寧な断り方、断り文句などについて解説します!

「ビジネスシーンで断るときの決まり文句」をはじめ、「様々なシーンに使える断り方の基本公式」「残念な気持ちを伝えるバリエーション」「NOと言わずに断る裏ワザ」「断っても印象をアップできる魔法のセンテンス」「断る理由の嘘」、そして「もう誘われたくない時の断り方」などを解説しましょう。

ビジネスシーンでの断り方

ビジネスシーンでの断り方には、「決まり文句」があります。マイルドに断れるだけでなく、デキる人に見える効果もあるので、まずはこの基本パターンを覚えておきましょう。

1. まことに不本意ではありますが
「本当はやりたいのですが」という気持ちを表現する断り文句です

2 . 今回は見合わせることになってしまいました

次回があるという含みを持たせるほか「やりたかったのですが」という気持ちを表現する断り文句です。

3. お気持ちは重々わかるのですが
相手が食い下がってきた時に使う断り文句です。

4. ご容赦ください
いい加減にしてほしいと思った時に使う断り文句です。

5. せっかくですが、お気持ちだけ頂戴いたします
相手からの提案、譲歩、贈り物などを受けられない時に使います。

6. そのような大役、私には荷が重すぎます

面倒な役などを断る時の決まり文句です。

様々なシーンで使える、断り方の基本公式はこれ!

様々なシーンで使える、断り文句の基本公式を覚えておくと、咄嗟の時にも失敗が少なくなります。

■丁寧に断る時の基本公式

残念な気持ち + できない理由 + 代わりの案


例文)同僚にランチに誘われた場合
「わー、残念! 急ぎの仕事が終わってなくて今日は行けないの。来週以降なら落ち着くんだけど、その頃どう?」

丁寧に断りたい時には、この公式を思い出してください。以下に詳しいポイントを解説します。

「残念な気持ち」を表すところからはじめよう

断り文句を組み立てる「断りの基本公式」、ここでの最初のひとことは「残念な気持ち」を表現する言葉。誘ってくれたことに対する配慮になるだけでなく、断れれる側に心の準備ができるというメリットがあります。

同じ相手からの誘いを何度も断ることもあると思いますので、いくつかバリエーションを用意しておきましょう。

残念な気持ちを表現する言葉1)
「せっかく声を掛けていただいたのに……」

残念な気持ちを表現する言葉2)
「願ってもない機会なのですが……」

残念な気持ちを表現する言葉3)
「ぜひ行きたいのですが……」

「なんだそんなこと…」と思う方もいらっしゃると思いますが、この「残念な気持ちを伝える」という技に磨きをかけると、NOと言わずに断る裏ワザが使えるようになります。

「NO」と言わずに断る裏技

NOと言わずに断る

表情豊かに残念な気持ちを伝えれば、NOを言わずに断れる

残念系の言葉に、精一杯の表情をプラスして悔しがりましょう。NOと言わずに断れるだけでなく、断られたほうのダメージも少なくなります。

例文)新しくできた店に誘われた時
うわー、うらやましい。あー、なんでその日に限って残業なんだろう……。残念過ぎます

上司やお取引先、お姑さんなど、パワーバランスがある相手からの誘いを断る場合にお勧めです。さらにここに”魔法のセンテンス”を付け加えると、印象を悪くするどころか、好印象にすることができます。

例文)上司に急な仕事を頼まれた場合 魔法のセンテンス使用
「うわー、他でもない○○部長が頼ってくれているのに、都合がつかないなんて……。残念すぎます!あー、なんでこんな時に……」
 

断ることで印象がアップする魔法のセンテンスとは

断りたいけれど、良好な関係は保ちたい。そんな時に使ってほしいセンテンスは「他でもない○○さん」

「他でもない○○さんの誘いなのに」「他でもない○○さんが頼ってくれているのに」と断れば、相手を大切に想っているということが伝わり、印象がアップします。

効果的に使うポイントは二つ。

1.直接NOと言わないこと
2.表情をつかって大げさに悔しがること


です。ここぞという時に試してみてください。

次のページでは、断るときの理由(嘘)について、もう誘われたくない時の断り方、変化球的な断り方をご紹介します。