年が明けると、どんどん月日が過ぎてあっという間に1月が終わってしまいそうです。とはいっても、まだまだ今月は色々なところで新年の挨拶をする機会が多いですね。「本年もよろしくお願いします」という言葉の他に、もうひとつ何か気の利いたことが言えないものか、と思うことないでしょうか? あなたの今年の意気込みをうまく伝えられたら好感度もアップします。年の初めに「おぉっ!」を思わせる挨拶のヒントをご紹介しましょう。

この時期だからこそ言える挨拶

挨拶で差をつけるためには……
新年の挨拶。あなたはもっと印象付けられる!
「挨拶」といっても相手やその場面によって様々です。ビジネスシーンであれば初対面の人には「はじめまして~」。それ以外の時だと「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」などですね。

新年の挨拶といえば「あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします」と続きます。笑顔でさりげなく一言挨拶が出来るだけでもいいでしょう。でも新しい年を迎えた今、もう一歩ステップアップしませんか? 相手にバッチリ印象付ける挨拶にチャレンジしてみましょう!

今年に入って初めての会議や商談、また新年会などで、今年の抱負をさりげなく語ることが出来ると一目置かれます。普段では、なんだかちょっと堅苦しいかなと感じて「僕は……」「私は……」と自分のやりたいことや夢を話すことができないかもしれません。でも、この時期なら大丈夫! 胸を張って「今年は……」とあなたの思いや気持ちを語ることができます。自分をより理解してもらうことができ、また相手にさりげなく売り込むチャンスでもあります。

挨拶にプラスするのはこんな話

年頭の挨拶のほかに何を話せばいいでしょうか? それは、あなたの「今年の抱負」が一番です。でも、いざとなると何をどう言えばいいのか悩んでしまうこともありますね。「今年の抱負は何?」と尋ねられて「えっ?」と考えてしまったことはありませんか? 新しい年を迎えたこの時期、自分のことを考えてみる機会にしましょう。まだ、まとまっていないという方は、こんな質問を自分にかけてみてください。

● 昨年やりたかったけど出来なかったこと、やり残したことはありますか?
● 昨年うまく出来なかったことを反省し、あらたにチャレンジしたいことは?
● 一年しか時間がないと期限を決められたとしたら、何をやっておく?
● あなたの心に浮かんだこと、それは今年には出来そうでしょうか?
● 今年の12月31日に振り返ったとき「○○だけは出来た」と言えますか?

新しい一年を過ごすにあたり、あなたが掲げる決意です。よく考えて決めてください。そして有限実行とばかりに他人に宣言してしまいましょう。「今年の抱負を語れ」と言われても、自分自身で整理しておかないことには何も話せません。自分でわからないことを相手に話しても、相手は疑問で一杯になってしまいます。要点がつかめないことを、だらだらと話しているだけでは駄目です。まず、何を語るかをしっかりと決めましょう。

それでは具体的にどう話していくかを次のページでご紹介します。