年始の手土産「お年賀」の選び方・「のし書き」のマナー・渡すタイミング

あなたの勤務先では、「年始回り」の習慣はありますか?

「年始回り」とは、仕事始めの後、直接取引先などに伺って新年のご挨拶をするものです。その際に持参するのが「お年賀」。タオル、クッキーなどの菓子折り、コーヒー・紅茶などを選ぶことが多いようです。お年賀の選び方やのし書きのマナー、渡すタイミングについてご紹介しましょう。

お年賀を選ぶ前に確認したいこと

ケーキ
毎日、あちこちから届くケーキに、辟易するという女子社員も。
伺う先の部署の人数
担当者への個人的な贈り物は避けるようにし、同じ部署の皆さんで食べられる、分けられるものを選びましょう。

冷蔵庫の有無
アイスクリームや、冷やして飲んだ方がよい飲み物を贈る場合は、冷蔵庫がないとかえって迷惑になることもあります。もちろん「御社に冷蔵庫はありますか?」とは聞けないので、日頃、訪問した際などにさりげなくチェックするしかありません。わからない場合は、冷やす必要のない手土産を選びましょう。

賞味期限をどれくらいのものにするか
年末休みの直前に持参して、すぐに食べないと消費期限が切れてしまうお菓子などを贈るのは、あまりに配慮が足りません。年始も挨拶品が贈られるシーズンですから、ある程度日持ちのするものの方がよいでしょう。ケーキや生菓子など、すぐに食べないといけないものを同時に複数のもらって……という話もよく聞きますが、いくら甘いもの好きな人でも毎日食べ続けるのは苦痛ですよね。

手土産選びのポイント

クッキーの詰め合わせ
意外性はないけど、日持ちのするクッキーも○。食べておいしく、話題性のあるものなら、好印象間違いなし。
仕事中でも簡単に食べられるもの
仕事中に飲んだり食べたりできるものが良いですね。個別に包装されたお菓子などが喜ばれます。一口で食べられるチョコレートもいいでしょう。

手軽に食べられるもの
ケーキをホールで持参すると、誰かに「切り分けて」もらわなければなりません。カットが必要なお菓子やフルーツのように手間がかかるものは避け、忙しい時でもさっと食べられるものを選ぶようにしましょう。

間に合わせのお店で買わない
どうしても時間がない場合は仕方ありませんが、「近所で買ってきました」というような印象を与えては、せっかくのご挨拶も台無しです。特に先方の会社の近くのお店で買うと、「あそこで買ってきたんだな」とわかてしまいます。さらに、いつも先方が使っているお店なら、値段までわかってしまいます。

当然ですが、食品系企業の場合、ライバル社のものは贈らないよう注意してください。