あと2ヶ月もしないうちに、後輩が入社してきますね。新入社員にビジネスマナーのことを聞かれて、「よくわからない」なんていわなくて済むように、理解度をはかってみましょう。今回は、今までにご紹介した記事をもとにシチュエーション別ビジネスマナー問題を作ってみました。全部で20問あります。どれだけ理解できているか、チェックしてみてください。

電話応対で大切なことは、「必要なことを過不足なく伝え、そして聞き取ることができるかどうか」

こんな応対は、正解? 不正解?

【応対編】
Q1.
お客様が訪問されました。応接室にお通しする際、お客様に後姿を見せるなんてもってのほか。お客様の後を控えめに歩きました。

Q2.
会議室で接客中の上司に「急用」だという電話が入りました。急いで会議室に向かい、上司に向かって「急用なので、早く電話に出てください!」と大きな声で知らせました。

【電話の応対編】
Q3
有給休暇を取って新婚旅行に出かけている先輩の高橋さんに、取引先から電話が。「ただいま高橋は、新婚旅行中でして・・・。出社しましたら、お電話を差しあげるように伝えます」と話しました。

Q4.
「後藤さんは、いつ出張から戻られますか?」と取引先の方からの電話に「後藤は、来週水曜日には、戻ります」と答えました。

Q5.
営業の堀さんが不在にしている間に、彼あてにお客様から電話がありました。話をうかがうと、「大至急」連絡を取りたいとのこと。お困りの様子だったので、堀さんの携帯電話の番号を教えて差しあげました。

Q6.
通話中、電話の相手の声が聞き取れません。「声が小さくて、聞こえないようなのです。もう少し大きな声でお願いできますか?」と言いました。

頭ではわかっていても、その場になると受渡しだけで精一杯ということ、よくあります。
【名刺の受渡し編】
Q7.
頂いた名刺をすぐにしまわずに、テーブルの上に並べました。

Q8.
上司と一緒に取引先を訪問。名刺交換の際、先方の方が上司よりも先に自分に名刺を渡そうとしたので、断っては失礼と思い、そのまま受け取りました。

Q9.
名刺交換のあと、お会いしたことを忘れないように打ち合わせの席につくなり、今日の日付を書き込みました。

Q10.
会社のイベントで、大勢の方と名刺交換をしているうちに、名刺がなくなってしまいました。名刺を切らしてしまったことをお詫びしながら、相手の方の名刺はいただいておき、後日あらためて自分の名刺を郵送しました。

Q11.
珍しいお名前の方の名刺をいただきました。でも、名刺はその方の顔。あまりジロジロと名刺を見るのは失礼なので、お名前の読み方もはっきりわからないまま、名刺入れに大事にしまいました。

全部で20問あります。あともう半分がんばってください!>次ページへ