寒さが身にしみる頃になると、年賀状を書かなければ……と思うことでしょう。形式化された年賀状をよく見かけますが、一体、何のために年賀状を出すのでしょうか? 今回は年賀状の意義や目的を踏まえて、社内外で印象に残る年賀状の書き方をお話しいたしましょう。

年賀状はなぜあるの?

画像の代替テキスト
ご挨拶する方が目の前にいることをイメージしながら書くと、厳粛な中にもグッと親近感が増す年賀状となるでしょう
年賀状は何のために出すのでしょう。年賀状は、旧年中に大変お世話になったことを本当に感謝しているというお礼の気持ちと、新しい年も一年間よろしくお願いしますという、謙虚な気持ちをお伝えするための挨拶状です。

■年賀状は本来どういうものだったの?
年賀状の始まりは、平安時代にさかのぼります。貴族は、お正月に一年の始まりの挨拶を書状でかわす習慣がありました。

その後、江戸時代の飛脚による年賀状の配達という形を経て、明治時代に郵便ハガキが売り出されたのが、今の年賀状の始まりです。ですから、本来は高貴な方々の挨拶だったのです。

■年賀状は出さなければいけないもの?
お得意様に賀状を出すことは、一度面会した以上のコミュニケーションを図ることになるのです。ですから、会社の年賀状は、場合によって会社の売り上げに響くこともあります。この競争社会、少しでも印象の良い方が優位であることは間違いありません。年賀状の意味は先ほども申し上げましたように、旧年一年間の御礼状も兼ねています。

■個人の年賀状と会社の年賀状の役割の違いは?
個人の年賀状は、平素音信不通の友人と年賀ハガキのみで音信を取っている場合があります。日頃お世話になっている方へは「年中会っているから年賀状はいらないわよね」などと済ませてしまうこともあるでしょう。

会社の年賀状はあなたの名前で出していても、社長の代行としての扱いとなります。旧年中にお世話になったなら、年賀状でお礼を述べるのは当たり前のことです。礼儀正しい日本語を使って年賀状を書きましょう。

⇒次のページでは、やっぱり知りたい印象に残る年賀状の書き方