新年最初に受け取る年賀状。失礼のないご挨拶にしたいですね
年末になると年賀状の準備を始め、会社で印刷された葉書を使うことが多いでしょう。ビジネス上の年賀状とはいえ、新年最初に受け取るもの。心をこめて送りたいものですね。

今回は、オフィスからお出しする年賀状の書き方マナーをご紹介しましょう。

■index
・代表的な年賀状の挨拶の例文
・心をこめた手書きの添え書きの例文
・宛名・表書きの正しい書き方の例文
・年賀状に使っていけない言葉
・会社の年賀状、どうする?! こんな時
・年賀状ははがき? メール?
・投函する前に、もう一度チェックして!


 

代表的な年賀状の挨拶の例文

会社で出す年賀状は、年賀状用に印刷されたフォーマットを使用する方がほとんどでしょう。自分で作成する方のために、代表的な挨拶文をご紹介します。
 
  • 旧年中は格別のご厚情を賜わり厚く御礼申し上げます
  • 本年も相変わらずご厚誼の程偏にお願い申し上げます
 
  • 年頭に際し貴社益々のご発展をお祈りいたします
  • 本年も尚一層のお引き立てとご愛顧の程お願い申し上げます
 
  •   昨年中は誠にお世話になりました
  •   本年もスタッフ一同頑張ってまいります
  •   どうぞよろしくお願い申し上げます

など、表現はさまざまあります。ビジネスの内容や双方の立場によって挨拶文の表現を変えてますが、基本的には勤務先の慣例に従ってください。
 

心をこめた手書きの添え書きの例文

会社から出す年賀状は、挨拶文はもちろん、宛名も全て印刷ということが多いですね。出す方は楽なのですが、受け取った方には非常に事務的な印象を与えてしまいます。枚数が多いと大変でしょうが、短くてもいいので手書きでメッセージを添えましょう。少しでも心と手間を添えるだけで、あなたの印象はグっとアップします。

例)印象UPの添え書き
  • 心豊かな一年になりますように
  • 皆様のご多幸とご健康をお祈りいたします
  • 旧年は○○様とお仕事ができましたことが、何よりも勉強になり向上致しました
  • ○○様に励まして頂いたことが昨年一番心に残った嬉しい思い出です
【参考記事】
社内外から印象に残る年賀状の書き方

次ページ>宛名・表書きの正しい書き方