「年賀状で気を付けるべき言葉とマナー」とは?

年賀状で気を付けつけるべき言葉・マナーとは

年賀状でよく使われる言葉にも、それぞれ意味の違いや、また気を付けるべきマナーもあります

年賀状を書く際に案外迷うのが、「どの言葉を使うべきか?」というような言葉遣いやマナーの部分です。「何となく使っているけれど、本当にこの言葉でいいのかな?」という具合に意味までは知らない、考えないということも多いものです。では、そんな迷いをなくすためにも、年賀状でよく使われる言葉の意味やマナーをあらためて見直してみましょう。

 

そもそも「年賀状」とは?

「年賀状」の「年賀」とは、新年を祝うこと、年始の祝賀という意味です。祝賀ですから、喪中関連のあいさつ状では、送る側も、受け取る側も互いに「年賀状」という言葉は避けて、「年始状」や「年始のご挨拶」「年頭のご挨拶」などの言葉を用いるのが一般的です。

「年賀状」でよく使われる言葉

謹賀新年……謹んで新年のお喜び(お慶び)を申し上げるという意
賀正/賀春……新年を祝う意
迎春……新年を迎える意  
頌春……新年をほめたたえる意

ですから、「謹賀新年」「謹んで新年のお喜び(お慶び)を申し上げます」などは、かしこまる、恭敬の意を表する、敬い謹むなどの意味をもつため、「賀正」や「迎春」などの語よりも、敬意の高い言葉になります。ともに新しい年を祝うことが目的ですから、賀詞にとらわれすぎることはないと思いますが、それぞれの意味を考えて、相手や内容に合わせてときには使い分けることも、マナーのひとつと言えるでしょう。

「年賀状」を出す時期は

通常は、松の内(関東では1月7日まで、関西では1月15日までとされています)あたりまでが一般的でしょう。それを過ぎたら「寒中見舞い」となります。

「寒中見舞い」の時期は

「寒中見舞い」は、松の内が明けてから、立春(2月4、5日ごろ)までの間に出します。立春を過ぎたら、「余寒見舞い」となります。

「年賀状」で間違えやすい言葉、よく問題になる言葉とは?

1:「謹賀新年 明けましておめでとうございます。昨年はお世話になりまして……」はNG。「謹賀新年」は、先に触れた通り、その言葉自体が新年の祝いの意味ですから、謹賀新年 明けましておめでとうございます……。などと続けるのは、祝いの語の重複で誤り。

2:「一月一日 元旦」はNG。
「元旦」とは、「一月一日の朝」という意味なので、「一月一日 元旦」と書くのは、意味の重複となってしまうため誤り。

3: 「忌み言葉」にも注意。
「去年はお世話になりまして」などの言葉よりも「旧年中は」などの表現が好まれる理由としては、「去」という語が「去る」ということを連想させるためといわれます。お祝い事に水をさすことのないようにとの縁起担ぎの意味もあるのでしょうが、ほかにも、失う・つぶれる・破れる……などの縁起のよくない言葉にも気を付けましょう。最近ではあまり気にしないという人もあるかと思いますが、結婚式や出産・開業・新築祝い・お見舞いなどの場面で、忌み言葉は良くないとされるのに同じく、不快感を覚えるという人もあるものですから、ある程度の注意は必要ですね。

では、そのような点に注意し、年賀状の基本文例を見てみましょう >>