「今年ももう半分か……」。仕事に追われているうちに、時間は過ぎていきます。ほんの5分でも、ちょっと立ち止まって自分の人生を眺めてみませんか? 今回は、自分の人生と向き合うためのシンプルで強力なツールを紹介します。

《CONTENTS》●一人で自分と向き合えますか?(1P目)●人生の今この瞬間を輪切りにする(1P目)●自分の人生を眺める(2P目)●自分と「人生の輪」との対話が始まる(3P目)●10点満点の人生はどんな人生でしょう?(3P目)

一人で自分と向き合えますか?

「このままでいいんだろうか?」

忙しい仕事の合間に喫茶店でホッと一息ついたとき、休日に家でのんびりしているときなど、ふと我に返って自問自答する時はありませんか?

毎日の生活に特に不満がない人も、何か違和感を感じている人も、時には少し立ち止まって自分の人生を考えたくなることがあるでしょう。でも、しばらく考えた後で、「まあ、いいっか」と流してしまっていませんか?

「一人では一人になれない」

こんなカウンセリングの言葉がありますが、一人ではなかなか集中して自分と向き合えないものです。そのためにコーチや話を聴いてくれる人の存在が必要なのですが、今回は一人でも自分と向き合える簡単かつ強力なツールをご紹介しましょう。

人生の今この瞬間を輪切りにする

そのツールの名は「人生の輪」。下の図にあるように、人生を8つの分野にわけて見てみるものです。あなたの人生を今この瞬間で輪切りにしたと考えてください。ノートでも何かの紙の裏でも構わないので、円を描いて、それを同じように8等分してください。



準備が出来たら、早速やってみましょう。

まずは、「仕事・キャリア」「お金・経済」「健康」「家族・パートナー・恋人」「人間関係・友人・知人」「学び・自己啓発」「遊び・余暇」「物理的環境」の8つの各分野ごとに、10点満点であなたの満足度に点数をつけていきます。「最高に満足」であれば10点、「これ以上考えられないぐらい最悪」であれば1点という具合に、点数をつけていきます。もちろん、客観的な基準はありませんから、あなたの主観的判断でOKです。あまり考え込まずに直感で点数をつけていきましょう。

なお、「物理的環境」とあるのは、あなたの家、仕事場、車といった環境のことです。

点数をつけた後のステップは? 次ページへ>>